登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
初夏の吾妻ロード2008・その1(上州アイノなど)
2008年 07月 05日 |
明後日から、北海道・洞爺湖ではサミットが開かれるそうですね。
北海道ロードに遠征した場合、これまでこの七夕にからむこの時期でしたが、今年は、前述したとおり金欠病で・・
それと、行ったとしても、空港で特別警戒中の警官さんに呼び止められ、検査されて、そのままタイホされてしまうというのがコワイので、渡道は見合わせております。

前置きが長いですが・・
朝起きると、天気予報と異なり、日差しが強いぢゃないの。天気よいようです。
北海道の代わりというわけでないですが、群馬吾妻郡から長野佐久郡へ抜けるようなプランでフィールドすることにしました。
c0043361_1223852.jpg




まずは昨年見つけた西風のテリトリーポイントへ。ここは、榛名山よりやや発生の早い場所とにらんでいて、この時期に行ってみたいと思ってました。

着くと9時半をまわっていて遅すぎかと思いきや、森はやけに静か。
まさかフライング?

探し回ると、やがて梢の先を飛びかう影が。。いたいた。
c0043361_12304049.jpg

明るくなるにつれ、だんだんと低い位置にも来るようになりました。
裏面の地色が濃い、アイノミドリシジミのようです。

後ろ側からの角度では、ちょっと輝きがイマイチですが、それでも、煌きのまばゆさがワカルでしょうか。
c0043361_12342739.jpg

数が少ないので、ほとんどテリトリー飛翔のシャッターチャンスなし。
これがベスト飛翔画
c0043361_12345211.jpg

11時も近くなると、アイノミドリも活動がなくなり・・どうも、その後の時間帯を引き継ぐメンバーが現れません。
他の種は、まだなのでしょうか。
どうも、この経験から、他種に比べアイノミドリはやや早い時期に発生するようです。よし、そうに決まった。

ほかのチョウとしては、キマダラセセリが意外に多い。
その求愛行動を観察。
c0043361_12373964.jpg

クロヒカゲが、オイラの脚立で熱心に吸汁。何か塩がついているのかな。
c0043361_12384863.jpg


やはり、西風のにぎやかな時期には、フライングだったようです。
でも、キレイなアイノミドリが撮影できたからよいでしょう。
ここは、チャンスがあればもう一回来たいです。
お昼を前に、別な場所へ移動することにしました。
[PR]
by parnassus | 2008-07-05 23:11 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9174520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kmkurobe at 2008-07-06 19:19 x
こちらではメスアカ-ジョウザン-アイノ-エゾという感じで発生してます。やはり場所によっていろいろちがうのですね。一枚目の半開翅アイノらしい雰囲気が良く出ていますね。
Commented by げん@アイノだとばかり・・ at 2008-07-06 23:42 x
kmkurobe さん、ありがとうございます。
こちらでは、西風くんに会うには、ちょっと足を伸ばさなければなりません。
そうですか、メスアカが一番と・・場所によって違いがあるんですかね。ここでも、午後まで待てば現れたのかも?
Commented by furu at 2008-07-07 21:12 x
一枚目、きれいにクリソ色が出てますね。まだ良い開翅の写真が撮れてないので西風シーズンのトリに狙おうかな・・・。
Commented by げん@夏も過ぎ行く? at 2008-07-08 22:27 x
furuさん、ありがとうございます。
クリソ色、いいますか。もっと金緑に写ると私は好きなんですけど、ビミョウな角度がはまらないとそう写らないので難しいですよね。
西風シーズンも、佳境になりつつあるということでしょうか。
今年のシーズンの進みもあっというまですね。なんだかセンチに・・ね。
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon