登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
盛夏の東信ロード2008・その1
2008年 08月 17日 | |
本日は、「自然を見つけに山歩き」のBanyanさんにお誘いいただいて、信州へ撮影ロードに出かける。
天気がイマイチ。。上信越道ではかなりしっかりとした雨が降り始めてしまった。
信州側に入って、雨はやんだ。
まず、今シーズンまだ会ってない私のために、ベニヒカゲの草原へ向かう。山の上はどちらかというと雲の上で明るかった。
ヤナギランが多く、キレイだ。
c0043361_22262347.jpg




林道を歩き進めるにつれ、ベニヒカゲもポチポチながら、雲が切れて明るくなるにつれ活動を始めたようだ。
オスの裏側、ほんとに黒い。
c0043361_222927100.jpg

飛翔
c0043361_22302019.jpg

c0043361_22311758.jpg

メスは残念ながらあまり見られなかったが、やはり黄色型がここは多い。あとは色々な花での吸蜜。ハクサンフウロ?アサマフウロ?
c0043361_22321143.jpg

機会が多かったのは、アキノキリンソウ
c0043361_22332524.jpg

マルバダケブキソウ
c0043361_22375345.jpg

EX-F1に吸汁にやってきた。
c0043361_22383625.jpg

ヤナギランでは短い時間のことが多いけれど、帰る途中でじっくり撮れた。
c0043361_2239395.jpg


駐車場に戻ると、キベリタテハが現れた。ここでは、たまに出会う。やはりいても1頭。
とても敏感で証拠写真しか撮れなかったが。
c0043361_22411383.jpg

ここのベニヒカゲには、久しぶりに会いに来たが、状況は変わらず、多く見られたのでよかった。
交尾、産卵などのシーンに期待していたけれど、ぞれはかなわなかった。
[PR]
by parnassus | 2008-08-17 22:21 | チョウに会える道 | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9491397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chochoensis at 2008-08-21 13:24
たにつちサン、なかなか良かったようですね・・・この後、劇的な写真が続々現れるのでしょうか・・・楽しみです。
Commented by げん at 2008-08-21 22:45 x
chochoensis さん、どうもありがとうございます。
劇的、、だなんて。おとなしいマイルド画像ですよ。
貴殿もまた行かれたんですね~^^
Commented by hornpipe at 2008-08-23 10:15 x
こんなにきれいにヤナギランが群生している草原があるんですね。年甲斐もなくこの花が大好きなもので。同じ日の朝、私も上信道を走っていました(^^)。
Commented by げん@柳蘭子 at 2008-08-23 21:20 x
hornpipeさん、そこにツッコムところが我が意を得たり・・
そうですか・・当日ニアミスしてたんですね。
ヤナギラン、ご覧になれましたか?
今年の夏でも、まだ、しばらく大丈夫だと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 盛夏の東信ロード2008・その2 ページトップ 黄金温泉健康センター(源泉:岩... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon