登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
飛図温泉(源泉:上稲子温泉)
2008年 09月 05日 | |
*この施設は、2011年に閉館しました。
================================
本日もまた過去の拾遺ネタです。
c0043361_0191263.jpg

飛図温泉は、富士川と一本山を隔てた、芝川町の稲子川をかなり遡ったところにある一軒屋。周辺は渓流美が楽しめ環境のよいところ、つまりは秘湯度の高い温泉です。



パンフレットによると、ここ「運動機能調整術センター」という表示も掲げていて、そういう福祉施設機能ももっているようです。
入ったときには、暗い玄関、呼んで女将さん風の方が出てきました。
日帰り利用のお客もほとんどいないのでしょうか。どこから来たの?との問いに、埼玉からです、ということに、お世辞も含めずいぶん遠いとこから、、というやりとりが。

さておき、さっそく浴場へ。
c0043361_027757.jpg

大浴場を入り口から望む
c0043361_028270.jpg
タイル張りの内湯。シンプルで手前にカランが数台、奥に四角い浴槽というつくり。
c0043361_0303865.jpg
ホー酸ですか・・ホー、あまり見ない表示ですね。
成分表を見てみると、正式には単純泉に該当するのではないかと思います。

内湯から入り口方向を望む
c0043361_0324420.jpg
そのお湯は、うっすらと硫黄臭や土類臭の香るもので、どこか秩父硫黄泉を思い出させました。
消毒ありということですが、あまり気にならないレベル。ナカナカいいんでないの~
c0043361_0393554.jpg
この蛇口から出る湯が源泉ではないかとにらみましたが、、どうなんでしょ?

この内湯の後ろのドアから外の露天風呂へ出ます。
c0043361_0403143.jpg

露天岩風呂もかなり大きいです。
c0043361_041665.jpg
吹いてくる風は爽やか、温度もヌル目で、実にまったりとできました。

今日は、完全貸切、普段よりノビノビと舞ってますよ~~♪
c0043361_042277.jpg


温泉分析表
c0043361_0425310.jpg

温泉法施行規則表示
c0043361_043373.jpg


【オマケ】
外で寝ているグレーのネコちゃんがいました。
c0043361_0472934.jpg
カメラを近づけてくる変な旅行者には関せず、自分のペースを貫いてました。

(訪問日:2007/04/01)

オレ的オキニ度:★★☆

*この施設は、2011年に閉館しました。
================================
案内
富士宮市(旧富士郡芝川町)上稲子2453-1
0544-67-0224
料金:600円
公式ページ


[PR]
by parnassus | 2008-09-05 23:05 | 温泉で汗でも(静岡) | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://parnassus.exblog.jp/tb/9641376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2008-09-07 07:00 x
温泉巡りが続いていますね。
もうじき私も仲間になります。もうシーズンオフですから。
Commented by げん@ウツウツ・モンモン at 2008-09-07 18:01 x
maedaさん、ありがとうございます、
>温泉巡りが続いていますね。
ふふふ、、そろそろそう言われると思って、今日はささやかながらチョウネタを掲載しましたよ。やっぱり拾遺ネタですが。。
>もうじき私も仲間になります。もうシーズンオフですから。
そちら方面の記事も楽しみにしてますよ。
それにしても、こちらはずっと天気が悪くて、なかなかフィールドという気分になれません。
Commented by 20年以上のリピーター at 2014-08-16 18:00 x
「飛図温泉」は東北大地震の余震(2011年3月15日静岡県東部震度6強)で被害を受け、
旅館「飛図温泉」を保有する竹富士医学研究所(静岡県富士宮市上稲子)は
5月9日、静岡地裁富士支部から破産手続き開始決定を受けた。負債額は約2億5000万円。

20年以上通っていたんので非常に残念です。
Commented by げん@しばらく行かぬ間に at 2014-08-17 22:09 x
20年以上のリピーターさん、初めまして。書き込みありがとうございました。
ご無沙汰しておりましたら、この記事の3年後に閉館してしまったのですね。記事を修正いたしました。
20年以上通われていたとは、すごいですね。独特の素性がある湯だったと思います。それだけの魅力があったのですね。
東日本大震災の関連が原因で閉館とは、残念なことです。
どこかの企業により再開されないものでしょうか。
Commented by 20年以上のリピーター at 2014-08-24 01:12 x
2011年台風第15号
9月13日午後9時 - 日本の南で台風15号となる。
9月20日午後9時 - 非常に強い台風となる。
9月21日午後2時 - 静岡県浜松市付近に上陸。
地震だけではなく、この台風の影響により、甚大な影響を受けた様子です。
書けばきりがない思い出のある旅館なので残念。
閉館後も大阪から2回行きましたが・・・

https://www.google.com/maps/@35.276815,138.531034,3a,75y,247.74h,74.52t/data=!3m4!1e1!3m2!1s-KwEUbzIPpxk3xFEeDv1yQ!2e0?hl=ja
Commented by げん@書き込みに御礼 at 2014-08-26 23:11 x
20年以上のリピーターさん、またありがとうございます。レス遅くて失礼いたします。
ご案内のグーグルマップの画像、(現在は)閉館翌年の2012年5月のものですね、台風のつめあとがすごいですね。
林道をたどってずっと見てしまいました。地震と台風とこれだけの被害が重なっては、復旧しようにもしきれないことになってしまったのかとも想像いたしました。
貴殿の無念のお気持ちも察するに余りありますが、書いていただいたことが、拙記事とともにWeb上にて、かなりの秘湯だったここの最後に関する貴重な記録となるものと思います。
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
<< YouTubeにウラジロミドリ... ページトップ 永井食堂―もつ煮定食を「食堂で... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon