登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:食(お酒)( 28 )
|
|
2013年 02月 25日 |
日立エリアへ行く機会あり。
十王物産センター「鵜喜鵜喜(うきうき)」で、自分のお土産を買う。
並んでいる地酒のうち、新酒の生原酒としてあって、どんなものか気になって奮発購入。2766円なり。
c0043361_22221877.jpg


More・・・そのお酒は
[PR]
2011年 06月 22日 |
c0043361_23542545.jpg
昨年の秋に記事にしました、八海山の「しぼりたて原酒・越後で候」がリニューアルされて2種類になる件ですが、この春になって、おそまきながらゲットできました。
ただし、青ラベル「本醸造しほりたて」のほうです。赤ラベルは人気で、1升ビンはすぐに品切れになったそうです。

More・・・その酒は
[PR]
2010年 11月 22日 |
c0043361_041845.jpg

八海山にトライしてリタイアした帰り、塩沢の金沢屋さんにて、冷蔵ケースの中にあるのを見つける。
1.8Lで3150円(税込み)「越後で候」よりも安いので喜んで買ってみた。
夏季限定だという。これ毎年あったのかな、初めて見た。

店主の評価では、八海山の中では少し異色のふくよかな味わいだと。

More・・・その酒は
[PR]
2010年 10月 19日 |
八海山の下山した帰りには、やっぱ、土産に八海山を買わないわけにいかない・・
しぼりたて原酒・越後で候」がなんといっても好きなんだけど、時期的にまだ早いよね。

塩沢の金沢屋さんに寄って、店主さん(たぶん)に今年の状況を聞くと、それが、リニューアルするとの話。ちょっとびっくら。

c0043361_155717.jpg
(画像は、2007年のしぼりたて原酒・越後で候)

More・・・その内容は、
[PR]
2010年 04月 01日 |
先日、久しぶりに古い学友Hに会った。
大学の同じゼミで知り合い、彼はそのまま大学に残り研究者としての道を選んだ。
彼が土産としてくれたがのが、なぜか泡盛・・見ると「沖縄戦前黒麹菌使用」とか。

話では、研究で大学に残されたこうじ菌を使って復活させた酒で、限定的商品らしいが大学の売店で取り扱ってたからとかなんとか、酒好きのオイラにと。
ありがたく頂戴する。
c0043361_2345566.jpg


More・・・その酒は
[PR]
2010年 02月 20日 |
安曇野のフィールドロードでは、電柱によく「大雪渓」の看板が掲げてあって、大雪渓なんて、山好きをそそる名前に、気になっていた存在。
地元H本屋で、その銘柄の五十九が、大々的に展示販売されていたのでGet。
c0043361_23472059.jpg

1.8Lで、1780円
これくらいのお値段なら、ちょっと冒険してもいいかな(なんつー小さな冒険ぢゃ。^^;;)、と思って。

More・・・その酒は
[PR]
2008年 08月 13日 |
c0043361_2319441.jpg
「週末は山梨にいます」・・今年の山梨県観光キャッチコピーなのだろう。
まさに今、週末に山梨に来て、いる。

山梨は好きだ。ことに八ヶ岳山麓からの北部地方は好きだ。
しかし、今シーズン、春から1回も来なかったのではないか。こんなシーズン、今までなかった。
前置きが長いが、要は久々に甲州徘徊できてウレシイな~ルンルン♪ということを書きたかった。

昨日の夜、唐突にも山梨在住の「NatureDiary」の虫林さんに、電話したのだった。「んと、今日は近くに来てるんですけどぉ~。明日はフィールドへ出ないんですかぁ?^^;」
南アルプスから帰ったばかりでお疲れのところ、久々の私に合わせてお付き合いしていただけるということに、、その虫林さんとの待ち合わせの場所へ向かう途中、時間がまだありそうだと、台ケ原宿に立ち寄ることにした。

More・・・台ケ原宿は、甲州街道の
[PR]
2008年 05月 11日 |
世は、母の日。
贈る花は、別にカーネーションぢゃなくていいと思う。
オイラの住むF市は、花の生産地でもあって、安くて立派な花がいろいろ買えるから。
いや、でも、そもそも花じゃなくてもいいと思った。
我が母親は「花よりダンゴ」の主義だから。ということで食べられるものを贈ろう。

実は、そういう話とは関係ないのだ。
地元スーパー、○ルクの酒の棚に「八海山コーナー」が出現しているのを見つけた。
黄ラベルが、なんと1升2000円で売っている。
これは、南魚沼の酒屋での正規料金と同等、店によれば税金分安いくらい。
八海山ファンには福音と言える。

これが可能になった理由、、日本酒ブームも下火になっていることもあるが、八海山の生産量自体が増えたこともあるのだろう。
10年ほど前は、ブームの最中、地元の南魚沼の酒屋でも、1升ビンは店の棚には置かず、売ってもくれなかった。その後、八海醸造社は、工場を移転した。その際おそらく生産ライン拡大を図っただろう。

とにかくいい値段で買えるのはうれすい。「なましぼり原酒」を筆頭に他の種類も置いてほすいのだが・・
[PR]
2008年 03月 13日 |
c0043361_2232146.jpg
地元の酒量販店のH本屋にて、特別取扱いみたいなことを書いてあって気になっていたこれを買ってみた。
720mlで、980円。
鑑評会出品用大吟醸を18%ブレンドしているそうで・・
それでこの値段はオトクということだが、いかに?

More・・・その酒は
[PR]
2008年 03月 01日 |
c0043361_155717.jpg
先日の南魚沼市ロード(?)で、お土産に買ったのがこれ。
六日町市街中心にある酒屋「なかつたや」さんにて、1800mlで3469円(税込み)
赤いラベルの八海山、某ひでさんのブログで画像拝見していましたが、「原酒」のラベルが変わったのですね。以前は、白黒のラベルだったと思います。お店の冷蔵庫の中に発見。
そして、お値段も安くなった?現地値でも、5、6千円だったような覚えが・・勘違いかな。
ともかく「初めて」、「原酒」を買うことができました。冷蔵庫内のお酒というどこか敷居の高いブツを買うのも初めてだったかも・・^^

More・・・その酒は
[PR]
The Original by Sun&Moon