登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:食(その他)( 76 )
| |
|
2016年 04月 30日 | |
c0043361_2362319.jpg「太田の焼きそば」の中でも、かなりの人気有名店なのかもしれません。

何度かトライしても、売り切れじまいで終わっているということがありました。

このB級グランプリのおばちゃんが、看板娘で、今日は会えました。

とりあえず、今んとこ写真中心で掲載してみます。

More・・・その焼きそばは
[PR]
2016年 03月 08日 | |
c0043361_929091.jpg小鹿野野生鹿プロジェクトの訪問第2弾

プロジェクトに参加している店舗には、旅館もいくつかある。
が、旅館に食事だけで飛び込むというのは、ちと敷居が高いような印象がないだろうか。

そもそも飛び込みで食べられるものか?

でも、協賛ののぼりが立っているところを見れば、招いているはず。

たずねてみよう。

More・・・玄関を入ると、綺麗でオサレ
[PR]
2016年 01月 28日 | |
c0043361_071471.jpg「太田の焼きそば」、、3大焼きそばのまちで売り出していたけれど、今もやってるだろうか?
上州太田焼そばのれん会の焼きそばMAPは持ってたものの、ほとんど探索はしていない。

機会があったので、店のひとつ「岩崎屋」に取材する。

More・・・その焼きそばは
[PR]
2015年 12月 17日 | |
c0043361_23242567.jpg伊勢崎市の工場団地エリアの中にポツンと食堂がある。
ポツンといってもけっこう大きい。

その店名と、いかにも伝統的な食堂然とした外観は、どことなくBスポット的雰囲気も予想させ、かなり気になっていた。

これまで通りがかるのが毎度日曜日で定休日ばかり。

土曜日にその周辺へ出向いた。ようやく店内に入る機会を得た。

More・・・そのモツ煮は
[PR]
2015年 11月 27日 | |
県庁第一職員食堂で「秩父フェア」を開催します!~埼玉県の新食材「天然鹿」を使用したメニューを提供~

こんな見出しで、2015年11月24日付、埼玉県の報道発表が行われた。


メニューには、天然鹿の味噌漬け丼はじめ、秩父の農産物を使用したもの。

11月27日の1日限りで、11時30分から14時まで
50食限定で 1食800円

各新聞社などマスコミも反応した。
売り切れ次第終了というから、はやくに売り切れてしまったのではないだろうか。

取り組みが話題性をもち、注目されることは、たいへんけっこう。
[PR]
2015年 11月 14日 | |
c0043361_10221525.jpg東京新聞(2015/10/06)埼玉新聞(2015/10/26)などで、小鹿野町や秩父市吉田地区の西秩父地域で「天然鹿のみそ漬け丼」の販売が始まったことが報道されました。

ジビエ料理(ことに鹿)の食材活用を応援している(?)当ブログとしては、これは地元として取材にいかねばなりますまい。

扱い店が14店舗だとかとありますが、「ちちぶのじかプロジェクト」を進めている西秩父商工会のページを見ても、取扱店の情報などが掲載されていないんですよね。
お店によって値段も900円~1200円と違うそうだし。

現地に行けばわかるでしょうか?

More・・・中心市街地に「小鹿野町観光交流館」というところを発見
[PR]
2015年 11月 11日 | |
第4回「生物多様性 日本アワード」(主催:公益財団 法人イオン環境公益財団 法人イオン環境公益財団 法人イオン環境公益財団 法人イオン環境公益財団 法人イオン環境公)の授賞が決定された報道にふれました。

まったくこの表彰のことは知らなかったわけですけど、グランプリを受賞した5団体のうち、ひとつが、北海道の一般社団法人エゾシカ協会の「エゾシカの先進的な資源的活用促進事業」ということで、注目しました。

ジビエ、ことに鹿肉の食肉利用の活用は興味のあるところ、機会あるごとに強くこのブログでもオシているところです(たまにだけど・・)。

DCC認証制なるものを創設するなど、先進的な取り組みが評価されたようです。

More・・・その認証制度の内容とは
[PR]
2015年 10月 25日 | |
c0043361_2159242.jpg久々にエスニック料理店の探索家のH氏に案内され、パキスタン料理系だといううインド料理屋へ。

「ほんとに、情報がないと、絶対入ろうという気になれないよ・・」と言うとおり、
外観は、入るのがためらわれる雰囲気を醸していた。

場所は、伊勢崎駅からもほど近く、一等地のはずだが、どうも裏町っぽい雰囲気。

More・・・「むこうの国の客がいつも多いんだ。」と言うとおり、このときも
[PR]
2015年 08月 05日 | |
c0043361_23404264.jpg
ジビエが普及してほしいと、このブログも陰ながら応援しているところ。
取扱う店は徐々に増えているようです。うれしい傾向・・

でも、ジビエを自分で焼いて食べる焼肉スタイルで味わえる店は、珍しいだろう。

そんな店、長野市の「焼ジビエ 罠~嵌」に、潜入取材する機会がもてました。

More・・古い友人Sがジビエが食える店に興味があるとか
[PR]
2015年 07月 25日 | |
c0043361_8555457.jpg
南アルプス南部を横断する国道152号、その太平洋側最奥の地に出ずる湧水。

青崩峠への登山口も間近です。
今は合併して浜松市の一部となった旧水窪町(「みさくぼ」と読む難読地名)の名水。

水窪は山深いエリアですが、さらに車道が通っているほぼ最奥の場所。

More・・・その水は
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon