登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:温泉で汗でも(群馬)( 63 )
| |
|
2009年 01月 29日 | |
太田焼そばのあと、一汗流そうと、太田安眠の湯へ突撃した。
c0043361_0442433.jpg

ここは太田のイオンモールの一角にある。
何度か前を通過したことはあったものの、入ったことはなかったのだ・・
地元でハズかしながら、あまりにも遅い初入湯、はい。

館内はにぎわっていて、たしか、撮影禁止表示もあったので、浴場撮影はできない。
だから先に言っとくけど、今回「舞い」はなし。^^;

More・・・そのお湯は
[PR]
2009年 01月 12日 | |
ようやく、「不動かくれの湯」を引継いだ 「さくらの湯」に突撃することができた。
茂美の湯ができる前には、オイラの定湯といえるほど通ったのに、遅きに失した。
c0043361_081666.jpg

再開しての状況は今さらのレポートかもしれないが、当方が覚えている限りで、以下その比較で気づいたことを記しておこう。

More・・・まず、玄関
[PR]
2008年 10月 16日 | |
川場温泉・ふれあいの家温泉館が、今月10月26日までので閉鎖される。もう残り10日となってしまった。
ニュースに触れて出向いていたのは1か月前、掲載が遅くなってしまい残念。
c0043361_2324265.jpg
ちょっと鄙びた雰囲気だ。

More・・・ここは料金
[PR]
2008年 09月 16日 | |
高崎温泉不動かくれの湯の閉館から3年・・・
リニューアルくらいで再オープンかと思っていたが、長かった。
それが、運営会社を変えて、「高崎温泉さくらの湯」として、明日9月17日にオープンされることが、報道やネットで報じられている。
まずは、再開、祝☆を申し上げたい。

↓ 写真は、旧高崎温泉不動かくれの湯の温泉分析表
c0043361_23402799.jpg



More・・・再オープンで注目したいのは、
[PR]
2008年 08月 22日 | |
c0043361_21255169.jpg
お天気いまいち。
いい温泉に入りたくなって、群馬は吾妻川流域エリアへロードした。
やっぱり小野上温泉かなあ。
この春には、新館はまだまだ建設中だったから、まさか新館はまだオープンしていないと思うけど、入れるうちに行っておかねば・・

More・・・玄関にはこんな表示が、、。
[PR]
2008年 07月 21日 | |
掲載の順序がそろってませんが・・吾妻ロードの最終回です。
向かう方向を、信州でなく六合村へ変えた理由、、それは、有名な「尻焼温泉」を初体験したかったから!と言って過言ではなかったでしょう。

温泉場には数件の旅館が並んでいますが、その手前200mほどに無料駐車場あり。ここから歩いていきます。
旅館周辺には、旅館客用の駐車場しかないので、要注意です。
川沿いの道を歩いて橋を渡り、少し進むと、おっとガード下によくガイドブックなどで見た風景が。
c0043361_19254568.jpg

行きすぎました。手前から河原に降りていく道があったようです。

More・・・川沿いに下りる道を進むと
[PR]
2007年 12月 16日 | |
c0043361_015840.jpg
先日の槍見ハイキング後の汗流しは小野上温泉センター。
やっぱりここは、ええの~。
ここに新館を建設するということは聞いていたけれど、旧館の裏側でまだ工事中だった。
組まれた枠組みに、その施設の姿を想像する。

More・・・この工期は
[PR]
2007年 09月 19日 | |
c0043361_0353972.jpg
♪草津よいと~こ~、一度はおいで~♪
天下の名湯、草津である。
一応、温泉ファン@北関東を標榜しているオイラである。だ・け・ど・・・実はこれまで草津温泉に入湯したことがなかった!
いやね、入ろうと寄ったけど、駐車場が混雑してたとかで、チャンスを逃してたわけよ。
草津が未湯と言ったら、某温泉マニアの師範代には「犯罪者扱い」されたこともあったっけ・・
しかし、いよいよその汚名をはらすときが来たのだ!

万座の帰リ道、ちょっと草津に寄ることにした。
せっかくの万座の湯を流してしまうのももったいないとも思われたが、汚名をはらすことの方が、優先課題だったのだ(笑
(写真は、草津といえばココ!の「湯畑」の「湯滝」を魚眼で。いや~ほんとスケール大きいのね~)

More・・・草津には、無料で入れる
[PR]
2007年 09月 18日 | |
c0043361_22554257.jpg
万座温泉の谷に煙を上げる、「空吹き」。
これの噴出口を直接見下ろせる絶景ロケーションの、万座ホテル聚楽へ行った。
標高1800mで、いくら残暑が厳しいといっても、ここでは爽やかな風の中で、温泉が楽しめようものだ。

More・・・何度か行ったことのある
[PR]
2007年 08月 05日 | |
近場のフィールドでも出ようかな、と思っていたけど、盛りだくさんのロードでけっこう疲れたらしく、休養日になってしまった。
疲れをとろうと「北橘温泉・ばんどうの湯」に出かけた。久々だ。
温泉法施行規則表示は、内湯用と露天用の2つが掲示してあることに気づいた。
内湯と露天風呂では、少し湯使いが異なる。
以前、撮影してたかもしれないけれど、ここには掲載していなかったかも。

More・・・温泉法施行規則表示
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon