登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:温泉で汗でも(長野)( 39 )
|
|
2017年 01月 29日 |
c0043361_22390104.jpg
穂波温泉郷の共同浴場めぐり、3つ目の「西湯」で最後になります。

「元湯」と「大湯」はすぐ近くだったのに対し、西湯はかなり遠いです・・というか、この穂波温泉の街の西はじの場所でした。
東西を貫通する通りとは一本となりの道筋にあって、初日の夜のときには、見つけるのに苦労しました。
この初日の際は入浴者がきれることなく、撮影もできませんでしたので、翌日、早朝に再訪したものを主に掲載しますです。


More・・・玄関を入ると、こんな感じ。元湯みたいに
[PR]
2017年 01月 28日 |
穂波温泉郷の共同浴場めぐりのチャンス・・もちろんそのほかの共同浴場も取材してます!
二つ目は、「大湯」です。
c0043361_23313648.jpg
「元湯」から東に向かって、しばらく、、と進むとあっという間に到着。すぐ近くです。
地域公園というような広場の中にコンクリート造りで立ってます。屋根にはブルーシートが見えたりと、
観光客ユースも意識したこぎれいな「元湯」比べ、よりジモ密着型のまさにシン・共同浴場のようです。



More・・・そのお湯は
[PR]
2017年 01月 24日 |
ちょいと前の取材になりますが、、「穂波温泉郷」の共同浴場レポを拾遺したいと思います。

あなたも知っているであろう湯田中温泉や渋温泉、もともと有数の温泉観光街でありますが、最近は外国人観光客も押し寄せ、相当賑わっているようです。
その対岸エリア・・そこに、穂波温泉郷というひっそりとした温泉街があるということを知りませんでした。
c0043361_10112012.jpg
そこには、3つの共同浴場もあるという。これは猛烈に行きたい!
しかし、そこには、地域住民とこのエリアの旅館宿泊者しか入ることはできないということ。これは、渋温泉の共同浴場巡りにも共通するルールです。
そんな中、このエリアの某ホテルに宿泊して、ここの共同浴場を取材する機会を得らえました。




More・・・始めに向かうのは、やはり「元湯」の名を冠する共同浴場
[PR]
2016年 05月 30日 |
c0043361_22183737.jpgやや拾遺記事になります。

まるで牛乳風呂とでも見紛えそうな、真っ白な湯。。

八ヶ岳の本沢温泉などの登山の基点となる、稲子湯です。

こちらは、建物前までは何度か行ったものの、その湯は未湯でした。

びっくりのお湯が待っていてくれました。

More・・・そのお湯は
[PR]
2015年 08月 01日 |
c0043361_2114659.jpg単純温泉該当、、
大規模な公営施設だけに、衛生管理上でも、すごい湯使いは期待できませんが、町営にしてはえらいがんばったるなあ、という設備が一番の印象でした。

施設までの道が少しわかりにくいかもしれません。

天竜川に向かった斜面の眺めのいい場所

More・・・そのお湯は
[PR]
2015年 07月 05日 |
c0043361_23275551.jpg
飯田市南信濃の拾遺記事パート2

この地に温泉センターができていたとは、行って初めて知りました。

「かぐらの湯」とだけ、シンプルながら、理由がわからなかった施設名。

その前に行くと、怪しげな大きな銅像があり、何やら舞っているではありませんか。

なんじゃこりゃ?

More・・・そのお湯は
[PR]
2015年 06月 10日 |
c0043361_102694.jpg浅間温泉には、現在3つの共同浴場があります。

そのうち、温泉街の入口手前にあるのが「港の湯・みなとの湯」です。

浅間温泉を改めてストレートで味わって、ここの湯への印象がぐっとよい方向に変わりました。

More・・・浅間温泉には、ずいぶん前に2回宿泊もしたことがあるのですが
[PR]
2014年 10月 22日 |
長野県の白馬・大町地区の地図を眺めたとき、山中に一軒宿風の温泉があることに以前から気になっていました。
「美麻温泉 もくじき荘」
ここは秘湯なんでしょうか??確認に向かうことにしました。
c0043361_2044030.jpg

無舗装の林道か?と覚悟した道は、それほどの悪路でなかったです。
そして、着いたその宿は、予想を裏切り「ホテル」といっていいような大きなものでした。

More・・・そのお湯は
[PR]
2014年 07月 27日 |
c0043361_23154074.jpg

本日の汗流し、、有名な「雨飾高原露天風呂」へ向かうことにしました。
小谷温泉のさらにその奥。
ここは近くの雨飾荘が管理していて、その露天風呂部分を、寸志で提供いただいているよう。
「村営」という情報も目にしますが、管理を依頼しているのでしょうか、ちょい不明。
すぐ近くに、しっかり駐車場も備えてあります。ありがたや~

More・・・そのお湯は
[PR]
2014年 07月 19日 |
常念岳下山後の汗流し。
その名も「常念坊」という宿。常念小屋でチラシがおいてあり、宿泊客は500円のところ100円引きになるとのことで。
温泉は、穂高温泉とのことで共同源泉利用のものだろうが、よかろう、今日はとことん「常念」でいこう。
c0043361_2262449.jpg

町営の穂高温泉館からずっと北の方にあった。

More・・・さすが山との関連か、浴室までの廊下には山関係の掲示物が
[PR]
The Original by Sun&Moon