登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:温泉で汗でも(青森)( 2 )
| |
|
2011年 07月 14日 | |
青森ロード2日目は、青森市に戻ってF師匠の車で、フィールドをご案内いただく予定。
「連泊宿 白神」のマスターは、毎日温泉に行くほどの温泉ツウだそうだ。その彼のイチオシの温泉のひとつが、青森に戻る途中にあるので、朝の時間に立ち寄ってみることにした。
「花咲温泉」・・・道幅の広い、国道7号線に沿ってある、日帰りというか、青森らしい温泉銭湯施設であった。
c0043361_23533932.jpg
マスターの説明では「ショクブツセン」、、入るとヌルヌルついてくるという、ので、それは「モール泉」の黒湯なのだろうと想像したのだが・・

More・・・そのお湯は
[PR]
2011年 07月 12日 | |
初日を、岩木山を望むフィールドで終え、やはりこの日の汗流しは岩木山麓の温泉のどれかにしたいと思った。
今回の青森ロードの現地基本情報は、実は、数日前にブックオフで105円でGetした、昭和の古いガイドブックだったりしたのだ。
山麓にはいくつかの温泉がある。その中でも、嶽温泉が硫黄泉で、歴史もあって、入ってみたいと思った。
共同浴場もあるとそのガイドにあって、それならなおよし。
温泉地には10軒以上は温泉旅館が並んでいたろう。しかし、共同浴場は見つからない。
作業中のおばあに聞くと、昔あったけど、今はないとのこと。日帰りは、それぞれの旅館でやってるからと、ということ(たぶん)を強烈な津軽なまりで親切に教えていただいた。
c0043361_22315442.jpg

長くなったが、嶽ホテルにした。
なぜならそのガイドの宿泊のページにも記載されていて、ここを代表するような宿なのかなと思ったからだ。

More・・・その湯は
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon