登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:温泉で汗でも(岐阜)( 5 )
|
|
2013年 06月 02日 |
ひるがのでの汗流し、、できるだけ地元で。
この地にはいくつかの温泉があって、ちょっとした「温泉郷」と言えなくもないが、その中でも「泉質じまん」との観光チラシに従い、湯の平温泉へ。
同名の温泉が、全国にいくつもあると思うが、岐阜県郡上市高鷲町のである。
c0043361_153167.jpg


More・・・入口の自販機で券を買う
[PR]
2010年 05月 03日 |
飛騨ダンダラロード初日の汗流しは、当然、ご当地の湯へ。
代表する平瀬温泉街を散策、こちらの旅館の温泉で舞いたかったが、GW期の飛び込みは厳しかった。(詳しく後に掲載したい。)
で、道の駅・飛騨白山に併設する「しらみずの湯」に入湯することにした。
前来たときはまだなかったよな(?)初めてだし取材するもよし。
c0043361_0162811.jpg


More・・・そのお湯は
[PR]
2006年 11月 03日 |
c0043361_21514633.jpg

中山道の宿場を見たこの日の泊まりは、下呂温泉へ。
天下に知られる温泉場、だけれど、もちろん初めて。超メジャーなところは、アマノジャクとしてはなかなか行かないものですよ。

More・・・本日のお泊りは
[PR]
2006年 04月 28日 |
いよいよ今回のロードも汗を流して帰還ということになった。
レポートもこれが最終回。
c0043361_0165794.jpg
日本一のラジウム含有量という「ロウソク温泉」というのがあると情報を仕入れたので行ってみた。
日帰りの開放は9時以降と表示され、門が閉められていた。え?夜の9時過ぎ?
その近くにある東山温泉で同じくラジウム温泉ということで、まあ泉質は近いだろう。

More・・・そのお湯は
[PR]
2005年 08月 22日 |
安房峠へチョウの様子を見に行くも、特段の成果なし。
ほ~んと、いったい此処ではチョウはどのあたりにいるというのでしょうか。

c0043361_21373998.jpg

さて、ここまで着たら平湯側で汗流しをしようと思います。
平湯地区は、なぜか思い入れのある好きな温泉です。

辛口の平湯温泉も捨てがたかったのですが、秘湯づいている最近としては、「新穂高の湯」の存在を思い出したので、ここへGo!

数年前に1度入ったので、ここは2回目の入湯。


More・・・そのお湯は
[PR]
The Original by Sun&Moon