登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:温泉で汗でも(神奈川)( 5 )
| |
|
2015年 01月 12日 | |
箱根の温泉は、初めてではないけれど、ほとんど知りません。
ホテルや旅館のものに立ち寄り湯するのが主になりそうですが、チラシ類を見ると、ほとんどが6時までのよう。
それに、テルホのシャレオツ系の立ち寄り湯は高い!やはり箱根ぢゃの~

そもそも、箱根には、共同浴場のような鄙びなとこはないんかねと、これから探し始める始末ですが、宮ノ下で「太閤湯」なる共同浴場を発見、、しかし、おばちゃんが出てきて、正月だから普段の営業と違ってもう終わりにすると、また来てねとパンフをもらい断念。
c0043361_17134667.jpg

で、次に見つけたのが、大平台の「姫之湯」でした。温泉組合が経営とのことで、共同浴場的なものだろうと期待です。
駐車場は台数も多く、対外的に開かれた施設のよう。車のナンバーも都内だとか遠方のが多かったです。

More・・・そのお湯は
[PR]
2013年 10月 19日 | |
三浦半島ロードの際、汗流しの温泉を探すも、ガイドではセンター系の大型施設しか掲載されていませんでした。
その中ではもっとも「それ」らしくない野比温泉にたどり着けたのはさすが嗅覚であったといえましょうか(笑)

三浦半島にはオイラ好みの鄙びの秘湯はないのでしょうか?
昭文社の県別マップルを愛用しているのですが、半島の中央部に文字でのみ「阿部倉温泉」との記載があるのを見つける。この手の表示の場合、源泉地点かなのかもしれませんが、現地には建物もなんもなかったりすることが多いです。なにかあるのか、改めてガイドマップも探してみましたがいずれでも紹介ありません。
古い源泉の跡地なのかもなあと、わざわざ確認に出向くモチベーションもなくなっていました、が・・。
横須賀葉山道路を通過中、その案内看板が出ているではありませんか!
c0043361_20251946.jpg


More・・・かなり狭い道を登っていく。途中の分岐では、道路状況の
[PR]
2012年 09月 17日 | |
三浦半島ロードレポ、その3
やはり、この地の温泉にて、汗流しをせねばなりますまい。
c0043361_2393022.jpg

ガイドブックで探してみますと、この地にもいくつかのセンター系の温泉施設があるようですね。泉質重視派にとって、一番よさそうなところをと模索。
この「野比温泉」、ガイド上では扱いが小さいです。浴槽内の写真を見るとかなり茶褐色に色づいている。
黒湯系の延長にあるのか?それともダシの効いた化石海水系の塩の湯であろうか?、いずれにしても、いわゆるセンター系とはちがうのかもしれない、という「匂い」を感じてきました。
濃い湯使いが楽しめそうな施設かと期待できそう、、決めた、ここに行こう!

More・・・ところで、そもそもこの「野比」という地名は
[PR]
2008年 08月 31日 | |
※この施設は、閉館しました。
=======================
先週は、ずっと雨続きの天気。しかも、連日、集中豪雨。金曜の夜は、雷もパワー最強、さすがに怖くなったほど。短時間豪雨としては、今年一番だったのでは。
さて、そんなわけでインドア週末、、こんなときこそは掲載しなかった拾遺ネタをば。

今回は、今年の春ギフチョウロード後の汗流しで行った、藤野温泉・「五感の里 薬師の湯」
c0043361_0293910.jpg

道から入り、急な坂を下っていったところに入り口があった。川沿いの谷のような場所にあるらしい。

More・・・浴場へはさらに階段を2
[PR]
2008年 02月 10日 | |
東尾垂の湯・・新春の陣馬山ハイクの下山後に立ち寄りました。
なので、お正月仕様で門松が立ててありますね。1ヶ月おくれのレポですが・・
c0043361_22293165.jpg

このすぐ近くには「ふじの温泉病院」があり、温泉療養が行われているほどの本格温泉地だったのでしょうか。しらなんだ。

More・・・そのお湯は
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon