登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:温泉で汗でも(北海道)( 4 )
| |
|
2012年 07月 10日 | |
3泊目、最後の夜は芽登温泉とした。日本秘湯を守る会の宿である。それとしては、今回のロードで2軒目。

道道88号線のそもそも何にもない一面の樹林エリア、そこから未舗装の林道に曲がって4Km、川沿いの一軒が現れた。
c0043361_0545579.jpg
圧倒的な秘湯度だ。これぞ秘湯というロケーションにある。

川沿いの静けさが売りという、当然、携帯は圏外。TVはケーブルなのか、地デジは完璧に見れた。

インターネットで予約すると割引ありで、この時期8600円のところ8000円で。
通されたお部屋は、旧館の方でひなび感のある6畳一間。でもいいよね。

More・・・そのお湯は
[PR]
2012年 07月 09日 | |
2日目の宿は、留辺蕊の「滝の湯温泉センター」へ。前回のロードに続き、利用させてもらう。
c0043361_0175376.jpg

経営が変わったようだ。以前は町営施設だったが、「夢風泉」という名がつき、株式会社の運営に。
しかし、値段はほぼかわらず、2食ついて5800円、インターネット予約だとさらに値引きで、5310円というありがたさ。指定管理の業者とかだろうかね?福祉サービスもやっているそう。

More・・・料理はそれなり、、という声もあるが、
[PR]
2012年 07月 08日 | |
コマクサ平も午後1時を過ぎるとほとんど日が差すこともなくなり、2時をまわりあきらめて下山にかかった。2時半にはポツポツ降り始めて、下山の判断は適切だった。

おかげで4時30分までで受付終了の、大雪高原温泉に入れる時間ができたかもしれない
国道から未舗装の林道を6Km入っていく。未舗装だがきれいに整備されている。また、かなり登っていく。

林道から広河原のように開けると、立派な大きな建物が目にはいった。
c0043361_2354557.jpg


More・・・日本秘湯を守る会の山小屋である
[PR]
2012年 07月 08日 | |
宿の選択にも、ライダーの情報誌を参考にした。
ライダーの投票も上位の糠平温泉、宿もたくさんあるが、できることなら一番の湯元がいい。
大正8年に湯を発見したと歴史のある「湯元館」がある。しかもお値段設定もありがたい。
c0043361_1310301.jpg

事前にたずねると、その日は素泊まりだけ、翌朝は早い時間のチェックアウトでいいなら、とのこと。
でも食事は前にお店があって、そこでとれるとか。

More・・・「おじさんさん、おばさんの人柄も最高」
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon