登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:文化財( 49 )
| |
|
2014年 11月 22日 | |
今シーズンも寒い日も多くなるにつれ、A級の遠望日和となる日も出てきた。
予報では、移動性高気圧におだやかに晴れるようだ。
本格的な冬になると、冬季閉鎖されて行けなくなる高い場所など「遠望系」のロードを企画した。
しかし翌朝、そちらへ向かいつつも、どうもこれは期待できそうにない空の澄み具合に思案。

真逆の観光地であるが、かの有名な「袋田の滝」へのロードを思いおよんで、方向転換。
Webによると「紅葉は色あせはじめ」という情報で、まだ間に合うのならば。
なかなか遠かったね、、
c0043361_0424625.jpg

袋田の滝の入口周辺は、想像以上の一大観光地になっていて、多くの客が押し寄せていた。

More・・・鮎や芋の串焼きが名物らしい
[PR]
2014年 08月 05日 | |
八ッ場ダムの建設により、湖底に沈むであろう文化財がある。
国指定天然記念物「川原湯岩脈」だ。

国道145号(今や旧道の方)、何度となく通った道だけど、どういった天然記念物の文化財なのか確認したことがなかった。
水没する前に記録しなくちゃと思っていたが、やっと立ち寄ることができた。
c0043361_10212322.jpg

この看板がまずは目印となる。

More・・・川沿いに整備される歩道から川面を眺める
[PR]
2014年 06月 21日 | |
6月21日は、ユネスコの世界遺産委員会が、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録を正式に決めたニュースでわきました。
富岡製糸場ほか、3つの構成遺産で、そのひとつ「田島弥平旧宅」は、群馬県伊勢崎市(旧境町)にありますが、利根川の南側にはりだした、「島村」というわがF市と隣接する地区にあります。
つまり、「うちのまちのすぐ隣に世界遺産ができた」というわけで、これはどんなものか確認せねばなりますまい。
c0043361_0244682.jpg

取材したのは、正式決定に先立つイコモス勧告があったすぐ後、4月末に撮影したものです。
もうすでに、けっこうな観光客が来ていて、驚きました。

More・・・まず、駐車場やガイダンス起点として、利根川堤防近く
[PR]
2014年 04月 23日 | |
不動桜から、大回りになるが、もうひとつの名の有る「地蔵桜」に会いに行きました。

道路沿いにありましたが、駐車場も整備され、多くの客がぞくぞくと。
c0043361_9445861.jpg

ほんとに大きいなと思います。
滝桜から比べ標高が高いので、開花期は少し遅くなるようです。まだ4~5分咲きという状態か。

More・・・そのサクラは
[PR]
2014年 04月 21日 | |
説明の必要はないでしょう・・三春の滝桜
今週、満開の情報にふれ、、週末は天気が悪くなると思っていたのに、穏やかに晴れる予報とのこと、、えいやと行ってしまいました。
c0043361_19162573.jpg

おそらく、一本桜の中で最も知られている存在、マスコミや観光案内での露出もすごいですね。花見客の数もハンパないことでしょう。
そう、有名な桜は、あまりに人が押しかけるあまり、いやになるくらい通俗的な観光地と化してしまうんですよね。
思い出しました、名のあるサクラの撮影は、そんなゾクっぽさゆえ興味がわかなかったんだということを。
でもね、今年はどういう心境の変換なんでしょうか、、チャンスあるなら行っておこうと前向きです。(笑

More駐車場がとにかくたいへんなことになると
[PR]
2014年 04月 20日 | |
このところサクラ画像が続きまして、見飽きたという向きもございませうが、よろしくお付き合いくださいませ。

滝桜へ向かう道中で、別な桜の案内看板で繰り返しあったものがふたつ。
「不動桜」と「地蔵桜」それには行ってみようと思いました。

滝桜からは、地蔵桜のほうが近いのですが、交通規制により、渋滞ギチギチの道を再度通るはめになりますので、先に不動桜に行きましょう。
峠を越えて、地籍としては郡山市に入った場所になるのですね。
c0043361_025831.jpg

小さな出店スペースのほかは、特に駐車場もなく、道沿いの農地とのスペースに止められてました。
その先にはお堂のある小山と大きな桜の木がどんと目に飛び込んできました。

More・・・まずは、真下から仰ぎ見ることにしました。
[PR]
2014年 04月 14日 | |
神代桜には、昼過ぎまでいたものですから、山梨のチョウに会いに行くのは危ぶまれました。
駐車場では、北杜市の桜めぐりパンフを渡されたのですが、これにあるほかの名桜に会いに周ることにしました。

実相寺から一番近くの一本桜としては、、「関のサクラ」というものがあるようです。行ってみましょう。
c0043361_018476.jpg


More・・・先客は、二人ほどのカメラマンのみ。
[PR]
2014年 04月 13日 | |
今年こそと会いに行きたかった名桜というのは、、山梨・北杜市(旧武川町)の実相寺にある「山高神代桜」。
樹齢2000年と推定される本邦最古の桜、国の天然記念物として最初に指定を受けたものの一つと。
c0043361_0262638.jpg

サクラは・・言うまでもなく、日本の代表的な風景で、この時期、一億総カメラマン時代が各地で撮影の対象としているものでありますが、実は、オイラはこれまで今一つ積極的な対象とはしてきませんでした。ぜんぜん撮らないというわけじゃなかったですけど。
理由は?天邪鬼しては、皆が撮るものをあえて撮影対象としない気だったのか?
いやむしろ、撮影の難しさだったのかも。毎回撮るたびに、なんと撮りにくい対象だろうと感じる存在でした。
でも、今シーズン、開きなおりといいますか、なぜか心境の変化があったのか、色々な桜に会ってみたい気になりました。

さて、現地に到着したのは、10時も近くなって、ちょっと離れた公式駐車場は400円、近場の民間ので500円相場。
混んではいるけれど、どうしようもないほどじゃなくてよかったです。

More・・・その桜は
[PR]
2014年 04月 06日 | |
c0043361_032435.jpg

永らく放置状態だった「山野草写真館」ページの撮影紀行に、「嵐山町・菅谷館の桜」を掲載しました。
ご笑覧くだされば幸いです。

撮影当日はまだ熊谷で前日に開花宣言が出たばかりでしたが、南廓付近を中心に、ソメイヨシノとは種類の異なる、色の濃い桜がすでに満開となろうとしていました。

ここは、「比企城館跡群菅谷館跡」という国指定史跡でもあるんですね。
[PR]
2014年 04月 05日 | |
毎年会いに行っているわけではないけれど、春には身近で気になる存在。
今年はまだ間に合った。
c0043361_145249.jpg


More・・・そのほかの画
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon