登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:チョウに会える道( 371 )
|
|
2016年 07月 19日 |
c0043361_7142945.jpgちょっと早いが、今年ならもう出ているかも、と草原のチョウロードへ出かける。

フィールドのすぐのところ、かん木に数人のカメラマンが寄ってたかってという状況。
ジョウザンミドリだろうか、西風を撮影しているらしい。
そのグループの中に(やはりw)Banyanさんがいた。フィールドでは実にお久しぶり。

撮っているグループのほかの方は、皆さん知らない人だという。

以前に比べて、チョウ撮りにトライされている方も増えたように思う。
被写体としての、チョウがかなり一般的になってきたということだろうか。

とりあえず、本命のセセリを探す。

二人して、探して、探して、、ようやくみつけた。ちょっと不活発だ。
(→ピントがアウトだけど、、ちなみに、この記事の写真は、全て動画からの切り出しです。)

More・・・とりあえずよかったねと、撮影していると
[PR]
2016年 07月 13日 |

毎度、こんなですいませんが、、、
動画扱うと、時間的にもうこれだけになってしまうのですよね(作業が遅いだけ?)

先日の「西風ロード・その2」で、午後に群馬側から長野側に周りました。
午後も遅い時間帯でしたが、沢の出会いのような場所で、きれいなメスアカミドリシジミがなわばり行動をしているのに会えました。背景で、ザーザーいってるのは、その沢の音です。

今回の動画は、通常再生2カット+HFR480p2カット+HFR960p1カットの5カットをまとめていますが、始めの通常再生部分にちょっとした実験をしています。

というのは、元撮影は、1920*1080の2K、フレームレート120fpsで撮影したデータですが、最後に60fpsにして仕上げてみたのです。
現在、30fpsが動画の一般的な規格ですが、YouTubeでは、昨年くらい?に60fpsの動画にも対応するようになったそうなのです・・。

30fps再生に比べて、素早い飛翔が倍のコマ数になってなめらかに?詳細に?見えるようになるはず・・
どうでしょう?変わって見えますか?
受け手側のPCのスペックもあるのかな、、オイラのPCでは、あんまりかわんないように見える気も(汗

画素数では、Youtubeはすでに8Kだって対応してるんだそうで、フレームレートもいずれ、120pや240pとかだって対応するようになるのかもしれませんけどね。

こんな感じで、実験的(とは大げさか)なもののアップもすると思いますが、よろしくお付き合いのほどを。
[PR]
2016年 07月 09日 |

しました・・。

「西風ロード・その2」からの成果1。ご覧ください。

編集にさほど時間かからないものを、とりあえずということで、ワンカットの120p撮影動画を、4倍に変速加工しました。

HFR撮影と違って、これだと1920×1080画素のFHD画質の動画にできるのがメリットです。
4倍じゃスローモーションのようには感じられず、適度に普通速度で飛んでる雰囲気に見えますね。
でも、このスペックも「適度」な感じでいいんじゃないでしょうか。

以前CASIO EX-F1 で卍飛翔(メスアカミドリ)を撮影アップしてから、もう8年。。
気付くと、ずいぶん経ったもんです。
[PR]
2016年 07月 08日 |
c0043361_0115514.jpg今年の西風(ゼフィルス)も佳境突入していると思われ、いそいそと出かけました。

当然ながら、4K動画やHFR撮影スーパースローのよい画質で活動を撮りたいということで。

それにしても、このアイノミドリシジミは、ずいぶん画質が汚いですね、、
パナソニックがいうところのいわゆる4Kフォトで動画から切り出したものです。

どんより曇りの光で、シャッタースピード1/3200に設定したので、ISOはかなり無理してるんでしょう。

それでも、動画だったらこんな一瞬を容易く取り出せるのだから、、
チャンスは増えるほうがいい、とオイラは思います。

でも、なぜか、天気いまいちにかかわらず、卍巴飛翔をバンバン見せてくれるという大サービス。
色んなパターンで撮影できたと思いますよ。Youtubeアップの作業が大変です。

アップしたら、またお知らせします。本日はこれにて。
[PR]
2016年 07月 01日 |
しました。

こう、チョウの動画アップのお知らせばかりでは、あきられてしまいそうですね。
次は、別テーマ記事にしようと思います。
が、キマダラルリツバメの占有飛翔だけは、アップしておきたかったんです。ご覧ください。


Sonyのまわしものみたいなことばっか書いてますが・・
RX10M2の2K動画(1980pix)撮影では、120fpsモードが撮れるんです。
これを、30p/sの動画に速度変換すると、4倍スローになるわけです。

HFR撮影の、最大40倍スローとは比べようもないですが、画素数はこちらが上。

CASIOのハイスピードエクスリム最高コマ数のEX-F1でも、秒60コマで撮影時間は1秒のみだった・・。
RX10M2の2K動画(1920x1080)120fpsモードでは、その倍のコマ数で、ずっと撮影し続けられるわけですから、理論上とんでもないことになったわけです。

今回のは、実験的に【1倍~8倍スロー再生】を比較してみると、という趣旨。
理想では、もっと凝った可変動画にしたいところでしたが、PlayMemoliesの作業では非常に困難だったので、試行錯誤した結果とりあえずこんな形で。

追尾飛翔がよくカメラに収まっている部分の12秒あまりを各速度で繰り返し再生するというものです。
最後にキャプションがでるBGMですが、入れたはずが、入ってなかった・・まあいいか。
[PR]
2016年 06月 29日 |
チョウセンアカシジミ動画第2弾です!(笑
今回は、RX10M2によるHFR撮影(スーパースロー)動画の初めての作成。
480fps/30p の16倍スロー
チョウが写ってるのほとんどつないだら、4分近くになってしまいました。
若干、冗長な動画かもしれませんが、ぜひご覧を~



*注意、音がでます!

[PR]
2016年 06月 26日 |
しました。。
皆さん、みてねー!(全部だと2分30秒です)



編集は、まだ専用ソフト導入しておらず、PlayMemories Homeで作業・・。
今回、初めてキャプション(文字)を入れることをやってみましたが、、
これについての使用レビュー的なこもも、後で付記したいと思ってます。

とりあえず、公開のお知らせまで。
[PR]
2016年 06月 24日 |
c0043361_07276.jpgロード初日を終え、会津から新潟側へいったん行き、道の駅で車中泊。

翌日は、まず新潟の北部を西風ロードしてみようという計画だ。

関東ではなかなか撮影しにくいものに、ウラクロシジミやウラミスジシジミといったものがある。
が、日本海側ではいるところでは多く観られるらしい・・

何より、このエリアはこの季節にロードしたことがないから、初めての場所散策ということだけでも面白い。

More・・・朝露に濡れる朝のうちは、、なかなかチョウの活動も
[PR]
2016年 06月 22日 |
c0043361_005832.jpg例年なら少々早いと思われるが、今シーズンは早く動いているので、出向く。
RX10M2による動画での撮影が主目的のロード。。

只見では、ヒメシジミが多かった。

目の前でグルグル、オスがまとわって求愛するのを観察、尾をさしこんだら、あっという間に交尾が成立した。

この後、押したり引いたり、まるで綱引きのような行動をするのを動画で撮ることもできた。
何の意味がある行為かわからないけれど、ヒメシジミの交尾シーンでは、内臓が引っ張り出されているようなペアがよくいるが、この行動の結果なのだろうと合点がいった。

More・・・この只見で見られるオスはどれも寒冷地型の
[PR]
2016年 06月 18日 |


RX10M2撮影でのささやかな果実をひとつ消化できました。笑

4K動画は、これまで「撮って出し」をテスト的に何点かアップしたところでしたが、初の編集加工作品ですw

編集といっても、まだ編集ソフト買ってませーん。。
Sonyのフリー版取り込みソフト「PlayMemolies」に、ごく簡易な編集機能がついていることがわかり、カット+結合のみで作成したのです。結果、1分ほどの動画になりました。

More・・・ロングでの環境に始まり、5カットを結合した
[PR]
The Original by Sun&Moon