登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:温泉で汗でも(埼玉)( 65 )
|
|
2017年 07月 30日 |
c0043361_21341718.jpg
場所は、国道17号の熊谷バイパス沿い、くまがやドームの近所。新しい日帰り温泉施設が誕生しました。
永らく工事していましたが、ようやく今年完成、オープンしました(2017年4月27日)

遅ればせながら、先日、確認に初突撃しました。
一度は行ってみなきゃね、ということで・・

正直、湯使いにはあんまり期待はしていなかったんですが、

いや、想像をかなり裏切られました・・いい意味で!


More・・・そのお湯は
[PR]
2016年 02月 27日 |
c0043361_2210397.jpg旧吉田町(現秩父市)にある「かおる鉱泉」・・何年ぶりかである。
といっても、前回訪問した時は、「今日は、午後から用事があって臨時休業なんです~、ごめんなさい~」という電話での対応で、とどのつまり未湯であった。

だいぶたってしまったが、ようやく再訪。

今回は、事前に電話して、やってることを確認した。

More・・・そのお湯は
[PR]
2015年 11月 18日 |
c0043361_22173912.jpg丸神の滝の後の汗流し、、当然地元の温泉へ。

初めて「国民宿舎 両神荘」の湯へ入りました。

実は、かなり期待して向かいました。
露天に力入れてるようで、かけ流しのヌルスベの湯だというネット情報を目にしたりもしていたので・・

「道の駅 両神温泉 薬師の湯」の方へは何度か入ってますが、浴感をあまり感じないものでした。
こここそ、両神温泉の真の姿に会えるのだろうと。

More・・・そのお湯は
[PR]
2013年 08月 02日 |
埼玉県内の温泉センターということで、チャンスあれば、一度は確認しておきたかった施設。
しっかし、埼玉県内といっても東京との境・・・ぎりぎりの埼玉、練馬ICからも近く、笹目通り沿い。
c0043361_0562870.jpg


More・・・そのお湯は
[PR]
2012年 10月 21日 |
風邪をひきかけてしまった。
サウナでも行って追い出そうと、どこかへ。久しく行っていない「茂美の湯」にしよう。
久々だ。

会員カードの有効期限が切れていた。更新、年会費200円。
それにしても、更新なのに、毎度新規と同じ申請書を書かせられるというのがなんとも解せない。

さて、ところで、湯使いのこと、メモ。
内湯の投入口から、注がれる湯の量がハンパじゃない。吐き出し口の横いっぱいにドバーと出ている。
これ、源泉だとしたら、ザコザコと称してよい。「はやぶさ温泉」もかくや、というレベル。
以前、ずいぶん少なく調整されていたときもあったが、どういう方針転換か。

それだけの投入する湯を送るためだろう、新たに壁伝いにパイプが設置されていた。
また、浴槽の奥の角には、逆に吸い込みのパイプが設置されて、オーバーフローしないようになった。
循環してるのか?と思ったが、匂いなどからすると、循環消毒などはされていない。内湯に「源泉100%」の掲示がなくなったのが、心配だ。

なお、惜しむらくは、本日の源泉、まろやかな重曹泉には変わりないが、匂いがあまりせず赤城、榛名タイプの香ばしい香りは感じられなかった。
[PR]
2012年 03月 09日 |
もう1月の話になりますが・・
ONKEN21さんから情報をいただきで、「モテコ2月号」は温泉特集で、各種サービスクーポンが載っていること知りました。
飯能の天覧山・多峯主山からのTST遠望の汗流しには、これを利用して「なめがわ温泉 花和楽の湯」に突撃することにしました。まだ行ってなかったからいい機会です。
当初は「花明かり」という名前で営業開始しましたが、本店、小川温泉の「花和楽の湯」に改名したようです。
c0043361_2122784.jpg

駐車場が広い。そして、大きな門構えを入ると、そこから庭園を歩いてとおり、本館の入口につきます。
広い敷地をぜいたくに使った、小川温泉の本店以上の豪華な仕様かもです。

More・・・そのお湯は
[PR]
2012年 01月 06日 |
2012年の湯初めは、やはり「行田湯本温泉 茂美の湯」とあいなりました。

会員あてにか、お年玉ハガキが来て、これで10回まで、平日500円、土日700円で入れるというもの(1枚で1回3人までOK)

会員料金と50円しか違わないんですが、まあ、ありがたく。

期限が書いてないけど、受付で言われて、3月末までだそうです。

More・・・今日のお湯は、
[PR]
2011年 12月 23日 |
埼北温泉愛好会の第1回オフ会から10周年になるという記念オフが開催されるというご案内をいただき、お祝い方々出向いた。
場所は、高崎市さくらの湯。
c0043361_0373395.jpg
久々にお会いする方もいらっしゃって、懐かしい。
けれど定刻をだいぶ過ぎて、ノコノコ登場したオイラ、ほとんどこの人誰?状態・・orz

More・・・皆さんが、わからないのも仕方ない、、そちらの会のページ
[PR]
2011年 10月 10日 |
c0043361_101917.jpg
何よりこのところ湯切れが激しい。
久々に皆野町の「満願の湯」に行ってみた。
ついでに、ある蕎麦屋に行くのも、目的だったりしたのだけれど。

掲示してあった99年の日刊ゲンダイの記事によると「88年8月のボーリングによって地下603mからわき出した温泉」とのこと。隣にある町営「水と緑の・・館」や温泉スタンドの方が先行してあったと思う。
ここは平成9年オープンだという老舗のセンターで前からなじみだけれども、記事としてはこのブログで掲載してなかった。
相変わらず、駐車場はいっぱい。変わらずよく客が来ている。

More・・・今日は、右手の「宝登の湯」
[PR]
2011年 01月 02日 |
今年の湯開き(湯初め?)に、ちょっといいところへと、羽生温泉 華のゆへ行きました。
気づけばまだブログで記事掲載したことがありませんでしたので、初記事です。
c0043361_23113855.jpg

あ、今回掲載する各画像は3年以上前に撮影したものです。現在というか当時も入り口に「撮影ご遠慮」表示があるのですが(ちょっとわかりにくい)、この日は気づかずに撮ってしまったものです。以後、撮影はしておりません。どうぞご容赦ください。
(最近訪問:2011/01/02 撮影:2007/11/21)

More・・・いつのまにか、費湯になってました。
[PR]
The Original by Sun&Moon