登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
| |
|
2008年 07月 31日 | |
イベリコ豚のことを、国民の少なくとも3割は、イベリ「子豚」だと思ってますよね!(力説)
>久々のあいさつ タニツチです。

さて、久々に、EX-F1撮影ハイスピードムービーのチョウ飛翔映像をYouTubeに掲載しました。
吾妻ロードにて、六合村で長い時間飛翔を見せてくれたメスアカミドリシジミです。
今回のは、なかなかですよ。ずぇひ、ご覧ください(^^

メスアカミドリシジミ卍巴飛翔

その1(300fps)


More・・・その2、その3
[PR]
2008年 07月 27日 | |
昨夜、BSジャパンで「バイオリンの聖地クレモナへ~ストラディヴァリウスに魅せられた日本人たち~旅人:バイオリニスト 川久保賜紀」~」の放映がありました。
無事、リアルタイムでも視聴できました。
c0043361_2123598.jpg
川久保さんがストラドの故郷クレモナをたずね、そこで製作に取り組む日本人との交流、オールドでなく生まれたばかりの楽器と出会い、新たな一歩を踏み出す、というスジ。(ホントか?)

KKTのメンバーページでは、番組の開始前から菊田さんご本人から案内があったり、放映後は、その感想を中心に、たくさんコメントをいただき、KKT、祭り状態となっておりました。
反響で、お忙しいでしょうに、大丈夫なのか?師匠(^^;;

菊田さんの魅力満載でしたね。ほんと、真の主役は菊田さんという番組でしたよ。
彼の人間としての魅力がまた広く知られることになってしまいました。。
ともに応援したくなった方は、ぜひ当方まで、ご入会の連絡をいただければと思います。

とても今回は、全ての菊田さんの発言を議事録化することなどできませんが、かみ締めるように語られる一言一言、心に響きます。

More・・・以下は本筋と関係ありませんが・・
[PR]
2008年 07月 26日 | |
古くからの友人S氏が、東京に異動になったというころ、久々に連絡がありどこかに連れてけと言うので、時期遅めは承知ながら、高山蝶に会いに行くのを兼ねて、信州・湯の丸高原にハイキングすることにした。
c0043361_0422724.jpg

今日は、魚眼画を中心に掲載しよう。(先行くは、友人S氏)

More・・・登り始めて少しで
[PR]
2008年 07月 23日 | |
出会ったチョウたちを掲載します。

ブナ林、、ねらいは、

林道を歩き初めてすぐいたのは、路上で吸水するコチャバネセセリ。
上翅に金色の鱗粉を散らした美しい個体。
c0043361_7143045.jpg

それにしても、90mmでセセリだとかの小さなチョウをアップで撮ると、ボケ過ぎてしまうな。
開放気味の絞りが好きということもあるけれども。
50mmマクロが使いやすいと思う最近。

More・・・サカハチチョウの夏型が
[PR]
2008年 07月 21日 | |
掲載の順序がそろってませんが・・吾妻ロードの最終回です。
向かう方向を、信州でなく六合村へ変えた理由、、それは、有名な「尻焼温泉」を初体験したかったから!と言って過言ではなかったでしょう。

温泉場には数件の旅館が並んでいますが、その手前200mほどに無料駐車場あり。ここから歩いていきます。
旅館周辺には、旅館客用の駐車場しかないので、要注意です。
川沿いの道を歩いて橋を渡り、少し進むと、おっとガード下によくガイドブックなどで見た風景が。
c0043361_19254568.jpg

行きすぎました。手前から河原に降りていく道があったようです。

More・・・川沿いに下りる道を進むと
[PR]
2008年 07月 19日 | |
関東、東北南部では梅雨明けしたと見られる宣言がされた。いよいよ夏も本格か。

この日、ブナの森を第1目的に、新潟・福島の県境の浅草岳に行った。
c0043361_2133291.jpg
こんな感じで、立派なブナの樹がたくさん迎えてくれたのだけれど。

More・・・この山はよく整備されていて
[PR]
2008年 07月 17日 | |
実は、まだ、吾妻ロードの成果のご披露です。
アサマシジミを見つけられた六合村の草叢その横は一段下がった杉林になっていましたが、目線より下のところで、クルクル・クルクル、飛んでいるチョウの姿が・・
西風の卍巴飛翔であることは間違いなし。
c0043361_23433050.jpg
色めきたって近づくと、それはメスアカミドリシジミのようでした。
テリ張りの個体も見なかったのに・・・

More・・・足元の悪い斜面を
[PR]
2008年 07月 14日 | |
この週末、わがF市のまちでは七夕祭りが行われた。
私がお祭りを目的にでかけるはずもないが、用事があったため、珍しくお祭りの場所を通りがかった。
商店街を抜ける道は歩行者天国になって、出店がならんでいた。
c0043361_0402361.jpg

写真は、その名も「深谷」交差点、、いまや狭く小さい交差点だが、かつての宿場街では、中山道と寄居への街道が交差する交通の要所で、町の中心だったのだろう。

More・・・ふと気づいたのは
[PR]
2008年 07月 10日 | |
吾妻の長野原でアサマシジミの産地を探しているとき、ばかに低く、地をなめるように飛び回っているキアゲハがあらわれた。
変な感じ、、と思っていると、小さな下草につぎつぎに止まっては確かめている。
これは産卵行動か?と色めきたったとき、お目当ての草に当たったのか、やはり産卵を始めた。
c0043361_23521978.jpg


More・・・一つ産卵しては、
[PR]
2008年 07月 09日 | |
西風の森を予定より早く切り上げ、佐久へ向かいます。ちょうど軽井沢あたりのアサマシジミの時期だから、久々に会おうというプランニング。
しかし、話によるとこのエリアにもアサマシジミの産地が点在しているとのこと、それを思い出す。以前にも何回か探したものの、まだ産地を見つけられていない。
道中、このエリアの上州アサマを探しながら進むことにした。
ナンテンハギは、ところどころで見つけるものの、ブルーの存在はなく。
そもそもチョウ影自体が少なくて、まるで端境期のようにも感じられるほど・・

ある小さな伐採斜面が草地化している場所を見つける。ここにもナンテンハギが赤い花を咲かせていた。

いた!まだそんなに汚損していないオスだ。
c0043361_23455100.jpg


More・・・そうこうしているうち、
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon