登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
| |
|
2014年 03月 29日 | |
東京でサクラ開花満開近い便り、熊谷では昨日開花。いよいよ春本格で、近場のフィールドへ出向いてみることにした。
関東組の多くの面々にはなじみであろうアセビのポイントへ。
シーズン開始にあたって、ここに来れば顔見知りにあいさつできることも期待して。
環境が少々変わってしまったですね。
c0043361_954278.jpg
今年の初モノは、コツバメとなった。
意図せず明るい画になってしまったけど、悪くない。
今年はハイキーなチョウ画も研究してみようかな(笑

More・・・次に会ったのは、ミヤマセセリのオス。日光浴
[PR]
2014年 03月 10日 | |
先日の上京の折には、久しぶりに上野の東京国立博物館にも立ち寄りました。

江戸絵画の展示室では歌川広重がメインで展示されていました。
東海道シリーズの浮世絵もたくさんありましたが、それはよく知られるところ。
部屋の出口付近で、肉筆画の掛軸の展示があり、その中に、2枚の富士画があり、こちらは、はるかに目にする機会が少ないかと思われるので、ここに覚書としてでも掲載しておきましょう。
念のため書いておきますが、東博では一部の作品を除いて撮影OKとなってます。次の画像撮影に問題はありません。

一枚目は、「御馬献上行列図」
c0043361_23424291.jpg


More・・・2枚目は、ずばり、、
[PR]
2014年 03月 07日 | |
300mの日本最高のビルが営業開始されたとのニュースが各メディアをにぎわした。
「あべのハルカス」・・関西において。
これまでの横浜ランドマークタワー298mを更新する「ビル」。

東京スカイツリー(TST)の遠望に手を染めるモノズキとしては、同じように遠望に挑戦したくなる対象が新たに生まれたことをうれしく思う。
TSTの遠望撮影をやってみて思うのは、山の遠望はとても魅力的なテーマであるけれど、逆に山から人工的構造物を遠望するというのも同じくらい面白く、挑戦しがいのあるテーマであるということ。
ハルカスを各地からの遠望するのもまた同様に違いない。
ただし、ハルカスは関西圏であるので、オイラがトライする機会は滅多になさそうではあるけれど。

さっそく、田代氏は、遠望できるエリアマップを計算し、新聞等において掲載された。
あべのハルカス可視マップ

これによると、最遠望の地は、徳島県  三嶺(みうね)西側の天狗塚(てんぐづか1812m)北西1.7㎞の地点(約1620m)で、172㎞の距離だという。

172km・・関西での遠望の気象状況は知らないけれど、条件のよい日なら、実現可能な距離に思える。
そう遠くないうちに、実写記録が公表されるかもしれない。
[PR]
2014年 03月 05日 | |
TVニュースの報道で知った。
デパートの屋上遊園地がどんどんなくなっていく中、蒲田東急プラザの屋上にある観覧車が、東京最後のもの、それが2014/03/02をもって終了するという。
「都内最後の屋上観覧車」・・最後のチャンスというものには弱い。せっかく蒲田に来ているということで、会いに行くことにした。
c0043361_22373159.jpg


More・・・開店は10:00その少し前に着いた。が、こんな張り紙が・
[PR]
2014年 03月 03日 | |
蒲田の目的は、もちろん東京黒湯!このエリアはそのメッカともいえる地域である。
東京には黒湯の銭湯や施設はそれなりにある。しかし、温泉付きで宿泊できるところ、となるとそう多くはない。
ことに、オイラのように安いことを条件にするとなおさらだ。
c0043361_0482895.jpg
(画像は翌朝撮影)
大田区は東京黒湯の中心地区だが、その中で今回、蒲田黒湯温泉ホテル末広をセレクトした。
じゃらんのインターネット予約で、朝食つき7800円というコースで利用した。

More・・・ちょっと昭和を感じる玄関を入ると、すぐ正面がフロント
[PR]
2014年 03月 01日 | |
3月頭、久々に上京した。
いい機会なので、東京黒湯の温泉宿に泊まろうと、蒲田へ向かった。
夕食も考えなきゃ・・今まで、飲み屋は仲間で行くところという意識があって、一人で入ることはなかったのだけれど、それもやってみようという気になった。
大人になった気がする、というかホンモノのオヤジの扉を開けるというかね・・。
c0043361_9314829.jpg

蒲田駅南口周辺を散策、1980円で料理5品と飲み放題という看板にひかれ、「鉄板酒場 鐵一」というごく近く店に飛び込んだ。

More・・・店内はレトロ調の仕様
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon