登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
<   2014年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 04月 26日 |
だいぶ同人の後を追う時期になってしまいましたが、今シーズン最初のダンダラもうでに行くことにしました。
まずは、オーソドックスに新潟へ。

関越道、こちら方向へ向かうときの毎年、毎回の定点撮影、谷川岳
c0043361_2174345.jpg
今年は、ここ数年より早いのではなかろうかと、根拠ない予想をしていましたが、、、意外に残雪が多くね?

More・・・トンネルをぬけると、、まだ道脇には残雪
[PR]
2014年 04月 25日 |
サクラ画が続いておりますので、お口直しになりますかどうか、、
先日のホテル末広で飼っているらしい、ネコ画を。
c0043361_613315.jpg

ラウンジの窓越しに眺めております。少なくとも3頭はいました。

More・・・鉢の中でとっくみあい
[PR]
2014年 04月 23日 |
不動桜から、大回りになるが、もうひとつの名の有る「地蔵桜」に会いに行きました。

道路沿いにありましたが、駐車場も整備され、多くの客がぞくぞくと。
c0043361_9445861.jpg

ほんとに大きいなと思います。
滝桜から比べ標高が高いので、開花期は少し遅くなるようです。まだ4~5分咲きという状態か。

More・・・そのサクラは
[PR]
2014年 04月 21日 |
説明の必要はないでしょう・・三春の滝桜
今週、満開の情報にふれ、、週末は天気が悪くなると思っていたのに、穏やかに晴れる予報とのこと、、えいやと行ってしまいました。
c0043361_19162573.jpg

おそらく、一本桜の中で最も知られている存在、マスコミや観光案内での露出もすごいですね。花見客の数もハンパないことでしょう。
そう、有名な桜は、あまりに人が押しかけるあまり、いやになるくらい通俗的な観光地と化してしまうんですよね。
思い出しました、名のあるサクラの撮影は、そんなゾクっぽさゆえ興味がわかなかったんだということを。
でもね、今年はどういう心境の変換なんでしょうか、、チャンスあるなら行っておこうと前向きです。(笑

More駐車場がとにかくたいへんなことになると
[PR]
2014年 04月 20日 |
このところサクラ画像が続きまして、見飽きたという向きもございませうが、よろしくお付き合いくださいませ。

滝桜へ向かう道中で、別な桜の案内看板で繰り返しあったものがふたつ。
「不動桜」と「地蔵桜」それには行ってみようと思いました。

滝桜からは、地蔵桜のほうが近いのですが、交通規制により、渋滞ギチギチの道を再度通るはめになりますので、先に不動桜に行きましょう。
峠を越えて、地籍としては郡山市に入った場所になるのですね。
c0043361_025831.jpg

小さな出店スペースのほかは、特に駐車場もなく、道沿いの農地とのスペースに止められてました。
その先にはお堂のある小山と大きな桜の木がどんと目に飛び込んできました。

More・・・まずは、真下から仰ぎ見ることにしました。
[PR]
2014年 04月 17日 |
この日、国道141号を野辺山から須玉に向けての下り、清里を過ぎたあたりから富士が見えだしました。
今まで、清里から下の八ヶ岳山麓から富士を望めることを意識したことはほとんどなかったのです。考えてみれば見えて当然なのに。
繰り返し通っているはずのこの道ですが、季節は春・夏のためいつも霞んでいたのかもしれないです。
野辺山からは北岳や甲斐駒はとても明瞭。

そんなことがあったからか「三峰の丘」のことを思い出しました。いつか確認したいと思いながらまだでした。
遠望条件はさておき、今日などに向かってみるのは適当でしょう。
c0043361_2149451.jpg

丘という名前のイメージと異なり、デッキと駐車スペース、展望案内図を設置してある道路沿いのスペースでした。
さて問題です。その「三峰」とは、どういう意味かご存知でしょうか?

More・・・その答えは、、
[PR]
2014年 04月 14日 |
神代桜には、昼過ぎまでいたものですから、山梨のチョウに会いに行くのは危ぶまれました。
駐車場では、北杜市の桜めぐりパンフを渡されたのですが、これにあるほかの名桜に会いに周ることにしました。

実相寺から一番近くの一本桜としては、、「関のサクラ」というものがあるようです。行ってみましょう。
c0043361_018476.jpg


More・・・先客は、二人ほどのカメラマンのみ。
[PR]
2014年 04月 13日 |
今年こそと会いに行きたかった名桜というのは、、山梨・北杜市(旧武川町)の実相寺にある「山高神代桜」。
樹齢2000年と推定される本邦最古の桜、国の天然記念物として最初に指定を受けたものの一つと。
c0043361_0262638.jpg

サクラは・・言うまでもなく、日本の代表的な風景で、この時期、一億総カメラマン時代が各地で撮影の対象としているものでありますが、実は、オイラはこれまで今一つ積極的な対象とはしてきませんでした。ぜんぜん撮らないというわけじゃなかったですけど。
理由は?天邪鬼しては、皆が撮るものをあえて撮影対象としない気だったのか?
いやむしろ、撮影の難しさだったのかも。毎回撮るたびに、なんと撮りにくい対象だろうと感じる存在でした。
でも、今シーズン、開きなおりといいますか、なぜか心境の変化があったのか、色々な桜に会ってみたい気になりました。

さて、現地に到着したのは、10時も近くなって、ちょっと離れた公式駐車場は400円、近場の民間ので500円相場。
混んではいるけれど、どうしようもないほどじゃなくてよかったです。

More・・・その桜は
[PR]
2014年 04月 12日 |
春のチョウも本格的になり、それも気になる週末だけれど、まず、今までいきそびれていた山梨の有名な桜に今年こそはと会いに行くことにした。
オイラのところから北杜市へは、雁坂トンネルルートよりも、上信越、佐久~141号で南下のほうが早くつけるだろう。八ヶ岳の懐の高原ルートもキモチいいしね。
c0043361_183668.jpg
(クリックして拡大)
上信越道、トンネルをぬけ長野県側の佐久平が広がると、遠く屏風のように北アが全部見えていた。
春ゆえにくっきりではないけれど、白馬三山さらにその北まで見えている。
先を急ぎたいところだが、これは撮っておかないわけにいかない。。

More・・・ここからのパノラマは
[PR]
2014年 04月 06日 |
c0043361_032435.jpg

永らく放置状態だった「山野草写真館」ページの撮影紀行に、「嵐山町・菅谷館の桜」を掲載しました。
ご笑覧くだされば幸いです。

撮影当日はまだ熊谷で前日に開花宣言が出たばかりでしたが、南廓付近を中心に、ソメイヨシノとは種類の異なる、色の濃い桜がすでに満開となろうとしていました。

ここは、「比企城館跡群菅谷館跡」という国指定史跡でもあるんですね。
[PR]
The Original by Sun&Moon