登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
| |
|
2016年 05月 30日 | |
c0043361_22183737.jpgやや拾遺記事になります。

まるで牛乳風呂とでも見紛えそうな、真っ白な湯。。

八ヶ岳の本沢温泉などの登山の基点となる、稲子湯です。

こちらは、建物前までは何度か行ったものの、その湯は未湯でした。

びっくりのお湯が待っていてくれました。

More・・・そのお湯は
[PR]
2016年 05月 16日 | |
遅くなりましたが、メモとして。

動物写真のパイオニア(たぶん)のひとりだった、田中光常氏が逝去されたとのこと。
5月8日付けの新聞訃報欄で知りました。

91歳だったそう。
正直、まだご健在だったんだ、と驚いたほどでしたが。

オイラが、田中氏の作品についてどうのと言うには、あまりに知らなにのですが、田淵の関係で、その作品のいくつかやお名前は目にしたことはありました。

現在ほど機材の性能が高くなくコンパクトでない中で、ああいった撮影をするには、とても苦労されただろうと思います。

また、その撮影姿勢があったからでしょう、「嘘のある(動物生態)写真」には強い憤りを感じる、というお話は、とても共感することです。(http://tabi.com/interview/tanaka/

先駆者に敬意を払いつつ、ご冥福をお祈りいたします。

================
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ5705FJJ56UTIL058.html
[PR]
2016年 05月 15日 | |
c0043361_23462862.jpg2016春のお手伝い演奏会が終演しました。

毎回、必ず魚眼で撮っていたカノーネ君の記念撮影ですが、今回は、現在絶賛マイブーム(死語)のRX10M2で撮りました。

More・・・今回の演奏会は
[PR]
2016年 05月 11日 | |
c0043361_2342393.jpg2016年4月30日初版発行、栗田貞多男編著「ギフチョウの里」が刊行されました。

予約申し込みにより、GW前半の半ばに届いておりました。

読み込んだとまでは行ってませんが、おおむね目を通すことができました。
さすが「ゼフィルスの森」の栗田さんの著作だけあって、読み応えのあるものでした。

More・・・その感想など
[PR]
2016年 05月 08日 | |
c0043361_22533567.jpg今年のGWは、おおむね好天が続いた。

GW最終日も天気がよい。

熊本の被災者はたいへんなようだけれども、「他県のみなさんには、普段の生活を続けてもらうことが一番復興に近道」という旨の言葉もあったので、お言葉に甘え、自分のまちロードでしめることにした(実は二日酔い気味であるが・・)。

今回も、RX10M2の1本勝負。実地テストとしても見ていただければ。

RX10M2だけにすることで、装備の大幅軽量化が可能となる。
向かったのは、またしても鐘撞堂山である。かなり楽ちんの山登りになった。

More・・・登り始めて、初めに会ったのは、
[PR]
2016年 05月 02日 | |
c0043361_2392750.jpg今年の地味なテーマである「自分のまちロード」は、もっと何回かやってますが、ここでは2回目かなと思いますので「その2」です。

GW連休の前半2日目、黒いチョウの季節に入りましたので、市内の各地を周ってみることに。

RX10M2の操作感を手になじませたいと、基本これ一つで臨んでみることにしました。
今回は、全て本機で撮ったものを掲載。写り具合の参考にもなれば幸いです。

始めに向かった花園地区・鐘撞堂山では、尾根コースでヤマツツジの最盛期でした。

こんなに咲きそろうんだ!
自分のまちの山と思えないほど、たくさん連なり見事でした(笑

More・・・駐車場すぐわきでは、ツマキチョウが追いかけ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon