登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
|
|
2017年 01月 29日 |
c0043361_22390104.jpg
穂波温泉郷の共同浴場めぐり、3つ目の「西湯」で最後になります。

「元湯」と「大湯」はすぐ近くだったのに対し、西湯はかなり遠いです・・というか、この穂波温泉の街の西はじの場所でした。
東西を貫通する通りとは一本となりの道筋にあって、初日の夜のときには、見つけるのに苦労しました。
この初日の際は入浴者がきれることなく、撮影もできませんでしたので、翌日、早朝に再訪したものを主に掲載しますです。


More・・・玄関を入ると、こんな感じ。元湯みたいに
[PR]
2017年 01月 28日 |
穂波温泉郷の共同浴場めぐりのチャンス・・もちろんそのほかの共同浴場も取材してます!
二つ目は、「大湯」です。
c0043361_23313648.jpg
「元湯」から東に向かって、しばらく、、と進むとあっという間に到着。すぐ近くです。
地域公園というような広場の中にコンクリート造りで立ってます。屋根にはブルーシートが見えたりと、
観光客ユースも意識したこぎれいな「元湯」比べ、よりジモ密着型のまさにシン・共同浴場のようです。



More・・・そのお湯は
[PR]
2017年 01月 24日 |
ちょいと前の取材になりますが、、「穂波温泉郷」の共同浴場レポを拾遺したいと思います。

あなたも知っているであろう湯田中温泉や渋温泉、もともと有数の温泉観光街でありますが、最近は外国人観光客も押し寄せ、相当賑わっているようです。
その対岸エリア・・そこに、穂波温泉郷というひっそりとした温泉街があるということを知りませんでした。
c0043361_10112012.jpg
そこには、3つの共同浴場もあるという。これは猛烈に行きたい!
しかし、そこには、地域住民とこのエリアの旅館宿泊者しか入ることはできないということ。これは、渋温泉の共同浴場巡りにも共通するルールです。
そんな中、このエリアの某ホテルに宿泊して、ここの共同浴場を取材する機会を得らえました。




More・・・始めに向かうのは、やはり「元湯」の名を冠する共同浴場
[PR]
2017年 01月 21日 |
c0043361_23435232.jpg

全国的にはご存知ないかと思いますが、、

1月17日付の埼玉新聞や朝日新聞(埼玉版)は、深谷市畠山の荒川で、首にけがを負っているコハクチョウが見つかったことを報じました。

素人目にもその傷は相当深く、痛々しいですね。やばい感じ・・


健気にも、ほかの白鳥とは離れて元気なくうずくまっていることが多く、餌は浅瀬で休みながら、どうにか食べていたということです。

その後、いったいどうなったでしょう?ジモなんで、見に行きました。
かなり突貫作業でしたが、動画撮影でYoutube用も作りました。ご覧ください。


以下は、普通のブログ記事としてジャーナります!動画以上の情報があるかな・・保障のほどはないですがご覧あれ・・


More・・・2017年も変わらずハクチョウがやってきていました
[PR]
2017年 01月 20日 |
1月18日(つまり一昨日)、夕方の車の中でNHK-FMをつけたら、ヴァイオリン協奏曲らしい曲が流れ出た。

聴いたことない曲だね~何やら複雑で新しめの時代の曲なんだろう。でも、どこの国の作曲家なのかも推測しかねる・・
なんて思っていると、あれよあれよと盛り上がり、感情わしづかみにされるような激情的なピークを迎えた。
わ!すげー素敵な曲だーー!(泣きそう・・)

あとでわかるが、ちょうどこれは2楽章始まって割とすぐ来るクライマックスの箇所であった。
そして、これが、レスピーギの「グレゴリオ風の協奏曲」という曲で、第1854回N響定期公演の生中継の放送だったということも。(指揮はヘスス・ロペス・コボス)


More・・・こんな曲があるの知らなかったー。感動し
[PR]
2017年 01月 19日 |
1月17日、新聞各社は、一斉に福島県花塚山からの308kmの富士山遠望撮影に成功した記事を掲載した。
カシミール3Dによるシュミレートでは、北限の可視ポイントとして計算上で以前から指摘されていたが、とうとう実際の撮影で確認された。

なんでも撮影されたのは、11月中のことで、その後、それを田代先生に鑑定に出していたという、その結果をもって今回の報道となったようだ。

それに挑戦されている方々がいることは、かなり以前拙ブログでもコピペしたことがあった。
308kmという距離もすごいが、撮影に成功した3人のうち、斎藤さんは約40回、菅野さんは55回目の登頂での成功だったという。
たいへんなご苦労が実った快挙に、手放しでお祝いを申し上げたい。

今回の快挙はさておいて、今回のマスコミの反応は、やはり対象が「富士山」ということに尽きる思いもした。
以下、少々駄文を当初書いたのだが、新管理画面のエラーか、アップロード失敗で消えてしまった。
ちくしょーー!

今日は、シンプルに「富士山を遠くから眺められるとうれしいね~」ということでいいのだ、ということにしておく。







[PR]
2017年 01月 17日 |
またも、ブログ記事で書いていた内容を動画でできないかの挑戦企画です。

軽く記事にもしましたが、1月7日の遠望日和の日、伊勢崎市からの上信越国境の山々を動画でも撮影しておりました。
それを編集しましたので、ご笑覧ください。


でも、やっぱ動画に編集する作業って、なかなか時間かかるよなあ~。
その点、ブログで普通にレポした方が機動性はガンダムだ!(意味不明)

動画ならではのメリット等を感じられましたでしょうか?・・ぜひ、ご感想をお知らせください。。

[PR]
2017年 01月 15日 |
暖冬、小雪の今シーズンであったが(体感的にはスゲー毎日寒いんだけど)、この冬一番の大寒波到来で利子をつけて返すほどの大雪となった。
日本海側は北から関西まで大雪となった。
雪雲が関東平野にも流れ込んで、F市でも風花が舞った。
朝薄っすらと積もる程度で、2mを超えるような日本海側のご苦労にはなんとも申し訳ないくらいだ。
c0043361_23255300.jpg
@気象庁
この後、1月、2月と雪がどうなるのか注目。
↑、気象庁の天気図、「アジア太平洋域」を初めて張ってみる。シベリアの猛烈な高気圧だとかよくわかる。
これくらいの広さで見たほうがイメージがつきやすいことに今さら気づく。


More・・・もう一点は、「道の駅両神温泉薬師の湯」の
[PR]
2017年 01月 14日 |
実は、この前の「昆虫千手観音」の記事のときもそうだったんですけど・・

このエキサイトブログの「新規投稿」で画像の記事への貼り付けが、できなくなっているんですよね。
一時的なものかと思いましたが、今日もやはり同じ症状が続いてます。

オイラ最近は、新管理画面(もう新しくもないけど)でやってました。
画面の右のフレームにアップロードと画像リストが表示されて、記事への貼り付けは、そこからマウスでドラッグ&ドロップして配置する作業方法です。
*エキサイトユーザーしかわかんないですね。。
ドロップしても、画像は表示されず、、HTMLを見てみると、なんかややこしそうなプログラムは表示されて落ちています。

仕方ないから「旧管理画面」に戻って、操作したところ、こちらは以前どおり大丈夫でした。
ようやく新管理画面の操作にも慣れてきたところ、めんどくさいです。。ボソ

こちらのPC側であった更新インストールが、エキサイト側の何かとぶつかるようになってしまったのかなあ。
皆さんのところはいかがでしょうか?!

[PR]
2017年 01月 12日 |
閲覧注意!

群馬県板倉町の中央公民館にある「昆虫千手観音像」にお参りしてきました。(初詣ではないんですけど、12月中のことなので)

ネットのその筋では以前から評価が高いところでしたが、また最近、新聞で取り上げたり、テレビ取材なんかもされ、訪問者も急増しているそうです。
今さらという感じもしますが、初めてでかつすごいインパクトでしたのでオイラ的にレポートを。
c0043361_20415518.jpg

↑ちょっとだけ、一部分の画を載せました。
「昆虫千手観音像」というとおり、昆虫(甲虫)を寄せ集めてびっしり並べ仏像を造ったものです。

ただ、なんつうかな・・、あらかじめ、今このページをご覧になってるあなたに申し上げたい。

マジにファンタスティック、素晴らしい作品だったんです。
出会った瞬間、圧倒され、感動して、呆然と立ち尽くしました。
そして、気付いたときには、オイラその撮影に没入していました。

〇昆虫が苦手な方・・その生理的な感覚は認めますが、この作品を「キモイ」とか「グロい」とかそういう浅い否定的な感想で片づけることは認めません。
〇トライポフォビアという恐怖症の方、あなたの病気がほんとなら、確かに観ない方がいいでしょう。
〇また、始めから「負の評価」をしようと意図している方も、見てほしくないです。

そうした方は、この先、閲覧することを認めません。


More・・・ご理解いただいた方のみ先へお進みください
[PR]
The Original by Sun&Moon