登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 31日 | |
映画「燃える秋」

氏は、色々映画音楽に携わっていた都合上、知らない名曲がたくさん存在するのでしょうが、、

知らなかったなあ、これ。。ハイファイの山本さんの声がやっぱね・・

盛り上がった頂点の長調から、そのままに一瞬で短調にすり替えられる・・エグイ・・シフト展開の速さは、シューベルト並みか、それ以上をねらってるかも。

武満さん、、何かやりたかったんだね?

[PR]
2017年 03月 28日 | |
もともと地図だとかをぼんやり眺めるのが嫌いじゃなくて、道路のこととかに薄い興味もあったわけですが>アイサツ

ちょっと先日は、個人的に「国道17号上武道路 全通祭り」だったもんでさ・・
国道の次には、主要な県道にもなんとなく注目したりもするわけですよ。

例えば群馬県道2号・・前橋から、伊勢崎、太田のまちを東西につなぐように通っていて知ってたんです。
が、群馬県道1号って当然あるよね?でも、聞いたことないな、どこなの?という素朴な疑問が起こりまして。
c0043361_23510251.png
もし、これをご覧の群馬県民や元群馬県民の方などがいらっしゃれば、お伺いしたいのですが・・
群馬県道1号がどこにあるのかって、常識ですか?


More・・・きっと中央部にあるに違いないと、県庁所在地である前橋や高崎など県の中心の市街地区を探した
[PR]
2017年 03月 24日 | |
c0043361_22533542.jpg
エヴァンゲリオンファンで、もし、まだ知らなかった人に伝達!

まもなく、本日の23時45分~24時53分にNHK・BSで、劇場版DEATH(TRUE)2 BSプレミアム版が放映されるぞ!

そして来週は「Air/まごころを、君に BSプレミアム版」だあ!!!

[PR]
2017年 03月 23日 | |
c0043361_23131257.jpg
春~ですね~♪
はい、生態写真の同好諸氏のブログでは、春のチョウの撮影画が続々とアップされている昨今であります。
また出現の早いエリアでは、ギフチョウの初見もされたそうで・・関東もサクラ開花宣言、秒読み状態ですもんね、、

前置きが長くなりましたが、危うく季節の周回遅れになりそうになったので、昨年のロードで会えた宮城の「みちのく姫」の動画をまとめました。
4分もいかない短い動画ですが、ほぼ撮影できた全シーンを惜しみなく出し切ったような内容になっております(それでこの薄さか?
ので、拙いですが、ルードルフィア属のファンの方には観ていただきたいと・・ヨロシコ☆


[PR]
2017年 03月 22日 | |
c0043361_20494077.jpg
↓前の記事では、上武道路の全線開通に、「歴史的な日」とかさ、我ながらずいぶん入れ込んじゃいました。

んじゃー、開通のその日をこの目で見届けたろーやないけー!
ということで、、開通セレモニーに立ち会い、一般開通後に「通り初め」をしてきました。(さらに入れ込んだか)

例によりましてYoutubeに上げましたので、ぜひぜひご笑覧ください。(作業かなり急ぎでがんばりやした)

【開通セレモニー編】
*関係者が取り囲んで、一般客のことを考えてくれてない気がしました(プンスカ)



More・・・【開通区間(上り)通り初め編】
[PR]
2017年 03月 15日 | |
c0043361_23083231.jpg
(c)国土交通省記者発表資料から

2017年3月19日(日)に国道17号上武道路全線開通とのこと
ニュースリリースは2月中にあったようですが、オイラ知らなくて、先日の赤城へ行くときに現場の掲示で知りました。
赤城道路との交点「上武上細井」までの延伸から、ずいぶん早かった気がしますね。


More・・・オイラにとって上武道路は、群馬フィールドとのアクセスに欠かせない
[PR]
2017年 03月 12日 | |
スケートの技術を磨くのに余念がないと拝察していた「ときどき軽井沢」のkoechel581さん(以下「kさん」)が、近頃クロスカントリースキーを導入されました。
氏があちこちのフィールドをクロカンで試される中「赤城山はクロカンの超穴場ではないか」ということを発見され、ご自身のブログでご紹介されていました。

赤城でクロカンがやれるなら、北埼玉のオイラにとって、至極便利なフィールドになる!
kさん記事に触発され、オイラもいきおいで安いクロスカントリースキーをセット購入。
c0043361_11083154.jpg
おニューのクロカン・・ただし安物
(G8の動画から切り出した画。よって縦横比16:9)

そして、Kさんのご案内のもと、赤城でのクロカンツーリングに行ってきました。
(3.11の日ですが、そのことは心に留めつつ・・東北に向かって方手拝み・・)


More・・・朝、赤城山頂へ向かうにつれて道路の雪も増え、箕輪あたりから先は
[PR]
2017年 03月 10日 | |
c0043361_12001607.jpg
LUMIX DMC-G8を導入、パナ機を導入に踏み切りました。

今シーズンの動画撮影のメイン機となることを期待して。
GH5も間もなく発売される状況となっていますが、G8っす。

レンズ交換カメラは、ずっとNIKONでやってきたオイラでしたが、フォーサーズの交換レンズカメラに手を出してしまったぜい。


More・・・なぜ、G8にしたか!?
[PR]
2017年 03月 02日 | |
c0043361_23501645.jpg
もう先月のことですが、埼玉県比企郡小川町にある「吉田家住宅」を初めてたずねました。
建築年の明らかなものとしては、という条件付きで埼玉県内最古の民家。重要文化財
しかも「手打ち蕎麦処」もやっているというユニークなところで、遅きに失しましたが初めての突撃


More・・・実はこの訪問レポート、3つの観点で3部作の動画にして
[PR]
2017年 02月 28日 | |
~どう考えてもオレ的には看板にイツワリが~

埼玉県道127号を深谷市から妻沼に向けて進むと、堀米交差点やその先に現れる「嵐の湯」の看板とその存在が気になってました。
昨年は確か「11月オープン予定」とか表示されていたので、、もう出来てる?確認に出向きました。
(*公式ページをみたところ、オープンは今月2月1日ということです。)
c0043361_22564545.jpg


More・・農道をかなり進んで、曲がって曲がって
[PR]
2017年 02月 19日 | |
~感動体験かはビミョー?でも「熱の湯源泉」に入浴できるのは値千金~

c0043361_21501006.jpg
先日、草津温泉を散策しました。ほんとは当日別目的のロード計画してたんですけど、紆余曲折ありまして・・。
草津はやはり好きですので、それはそれで悪くないです。

突然ですが「時間湯」って知ってます?
草津の伝統的な入浴方法とされ、何人もが一緒に「湯長」の号令に従い、決まった作法どおりに入浴する湯治的効果の高い入浴法・・ってところでしょうか。

でも、別に別料金払うまでして、と実は未経験だったんですよね(モグリ?)

で、この日「千代の湯」の前を通りがかったときにですね、日に4回ある開催時間にあたっていて、呼び込みのお姉さんに声がけされました。

まあ、一度は体験してよかろうと決意したわけです。

料金は560円、それとバスタオルもってなかったので100円で借りられました。


More・・・専用入口から入ると、目の前にすぐ左右に小さな座敷部屋がありまして・・
[PR]
2017年 02月 16日 | |
c0043361_23483435.jpg
2月13日付で、NIKONから「DL」シリーズの発売中止を決定した旨のリリースがありました。
昨シーズンから使い始めたRX10m2も、チョウ撮影のフィールドでは望遠側が物足りないと感じていたところ、特に「DL24-500 f/2.8-5.6」には、その補強か代替機としての選択肢を捨てきれず、発売延期以降のなりゆきを見守っていました。
結局市場に登場しないまま、導入検討の可能性さえなくなってしまったことはたいへん残念です。

RX10m2と同じ1型センサー、そして高倍率ズーム、かつ、スーパースロー撮影能力ももつというコンセプト機・・現状Sonyしかなくなってしまったことになります。
そのスーパースローのスペックは正確に明らかにされないままでしたが、少なくとも録画時間に関して大幅に長時間撮影が可能となるものを期待していました。

昨年6月の発売延期から、3/4年、このスペックも数値だけで見ると、やや軒並みな印象で、一般ユーザーへの購入の訴求性が低くなってきた感は否めないかもしれません。
製品開発の競争の目まぐるしさ、シビアな市場争いは想像に難くないですね。
だから攻めるつもりはありません。
だけどNIKONさん、仕切り直し、ぜひ小さくまとまることなく、新たなるコンセプト機を開発・提案してほしいっす。


[PR]
2017年 02月 13日 | |
コンチネンタル!>あいさつ
人さまのページご紹介続きですいませんが、、Youtubeサーフィンで見つけたチャンネル。

じゅびちゃん、つか「ジュヴィレーヌ」さん、というHNでYoutuberされている、コントラバス奏者による動画。

いでたちは、女装・・Youtube用の仕事着なのか、普段からそういう方なのかは、わかりません。
年齢もそれなりのようでありますが、シャーペンな顔立ちで、はいお綺麗と思います。





More・・・何より、コントラバスによるソロ演奏がすごい。
[PR]
2017年 02月 08日 | |
コンチャイトロ!>あいさつ(ワインの銘柄らしい・・)

普段からGoogleMapとか、Yahoo地図とかかなりお世話になってるわけですが、ちょっとニーズ的に足りない点が生じました。
それは、県道の情報に関してなんだけど、、

あ、知ってました?
都道府県道って、「地方主要道」と「一般都道府県道」の2ランクがあるんですよ。

それで、上のMapで見たとき、それがどっちなのか(ドライブマップでは、色違いでわかるものが多い)わかんないんですよね。

というわけで、「地方主要道」と「一般都道府県道」が色分けされてるサイトはないのかなあ?と探したところ、、

ありました!

それが、OpenStreetMap(OSM)というサイト。





More・・・開いてごらんいただければ、一目瞭然ですが・
[PR]
2017年 02月 06日 | |
一応、本体ということにしているホームページ「パルナッソス山へ」がNiftyに開設して15周年となりました。
2002年の2月4日(立春)がスタートということにしておるのです。
でも、ほとんど放置状態だなあ。

途中でデータ容量がどうしようもなくなって、Fc2だとか他のスペースお借りして、本体はリンクリストページみたいなことになっちゃったり。
昨年は、Niftyのホームページサービスも簡素化されて、カウンターさえも設置できなくなったし・・(たぶん)
Niftyに置き続ける意味もあまりよくわからなくなってきましたが。

開設当時は、いっきにPCとネット環境が社会現象だった時代。
「自分探し」なんていって、手作り感満載の個人HPも乱立しましたが、それからずっと続いているとこ、放置のとこ(オイラもな)、消えちゃったとこ、色々あります。

何かの実益になっているかというと明らかになってない。でも、実益はなくても、消してなかったのは何か意味があると思うからなのかな。
その意味や理由をまた探せればと、消せないのかもしれません。



[PR]
2017年 02月 05日 | |
こんちゃっす!ねこてんぢゃないよ(笑
昨日2017/02/04は、移動性高気圧に覆われて、山の遠望日和となりました!
オイラも久々にロードした!でも、その場の状況で計画変更したり、全然目論見と違って色々だったんですけど、、

さて、「佐久パラダ」からの北アルプス全部見えですよ!このネタも、もう何度か当ブログでも記事にしてますけどね・・
帰る途中に寄ったところ(というか、ここを目的に帰宅ルートにした)、案の定の大展望!

このとき午後3時くらいでしたが、普通だと距離的に難しい「後立山連峰」の見え方がパねかった!!(午前中だったら、どんなにすごかったことか)

んで、今回、動画でね、それをお伝えできるかなー?というチャレンジですよ。
スチルの場合、撮影後に画像調整で山影を持ち上げたりしてますんで、撮って出しの動画だと難しいかな懸念も・・?
とりあえず速報的に作ってみましたんで、山の名前解説とかありませんけど、「北アルプス・山名クイズ」とでも思って、ご笑覧ください。




[PR]
2017年 02月 02日 | |
こんち!久しぶりにYoutubeアップのご案内で恐縮です。

シブイところで「オオヒカゲ」の動画をYoutubeアップしましたよ。
(Youtubeの中でも、オオヒカゲ出してるのってあんま見たことない気がする・・)
(2017/02/02追記)
本日現在、日本語「オオヒカゲ」で検索する限り、Youtube中に成虫の動画は見つからなかったです。
つまり、これが現在、Youtubeで唯一のオオヒカゲ動画であります☆
そもそも知ってますかあ?オオヒカゲ?
ご存知の方もご存知でない向きも、こやつは日中は不活発でして、よって色々なシーンは撮影できず・・結果、3分余りの短い動画になっちゃいました。
でも、最後の方には、16倍スローの飛翔動画をそろえておりますので、きっと楽しめるかと! ご笑覧ください~
(ホームの「チョウに会える登山道」でもオオヒカゲのページを作ってないことに、ヤベーと感じつつ・・)


[PR]
2017年 02月 01日 | |
c0043361_22193486.jpg
1.28(土)、クレアこうのすにて、ブラームスの弦楽五重奏の1番と2番のいっきやりという意欲的な企画があり、聴きにいきました。

演奏は、竹林真弓・奥村智洋(ヴァイオリン)、 春木英恵・渡邉信一郎(ヴィオラ)、 武井英哉(チェロ)

人妻Kと同行、現地で旦那の怪人J氏とも待ち合わせ。

行ったら、当然かもしれませんが、ほかにも何人か古い知人など来ていました。



More・・・ブラームスの弦楽五重奏曲の第1番・第2番どちらも、あまり知りません、、
[PR]
2017年 01月 29日 | |
c0043361_22390104.jpg
穂波温泉郷の共同浴場めぐり、3つ目の「西湯」で最後になります。

「元湯」と「大湯」はすぐ近くだったのに対し、西湯はかなり遠いです・・というか、この穂波温泉の街の西はじの場所でした。
東西を貫通する通りとは一本となりの道筋にあって、初日の夜のときには、見つけるのに苦労しました。
この初日の際は入浴者がきれることなく、撮影もできませんでしたので、翌日、早朝に再訪したものを主に掲載しますです。


More・・・玄関を入ると、こんな感じ。元湯みたいに
[PR]
2017年 01月 28日 | |
穂波温泉郷の共同浴場めぐりのチャンス・・もちろんそのほかの共同浴場も取材してます!
二つ目は、「大湯」です。
c0043361_23313648.jpg
「元湯」から東に向かって、しばらく、、と進むとあっという間に到着。すぐ近くです。
地域公園というような広場の中にコンクリート造りで立ってます。屋根にはブルーシートが見えたりと、
観光客ユースも意識したこぎれいな「元湯」比べ、よりジモ密着型のまさにシン・共同浴場のようです。



More・・・そのお湯は
[PR]
2017年 01月 24日 | |
ちょいと前の取材になりますが、、「穂波温泉郷」の共同浴場レポを拾遺したいと思います。

あなたも知っているであろう湯田中温泉や渋温泉、もともと有数の温泉観光街でありますが、最近は外国人観光客も押し寄せ、相当賑わっているようです。
その対岸エリア・・そこに、穂波温泉郷というひっそりとした温泉街があるということを知りませんでした。
c0043361_10112012.jpg
そこには、3つの共同浴場もあるという。これは猛烈に行きたい!
しかし、そこには、地域住民とこのエリアの旅館宿泊者しか入ることはできないということ。これは、渋温泉の共同浴場巡りにも共通するルールです。
そんな中、このエリアの某ホテルに宿泊して、ここの共同浴場を取材する機会を得らえました。




More・・・始めに向かうのは、やはり「元湯」の名を冠する共同浴場
[PR]
2017年 01月 21日 | |
c0043361_23435232.jpg

全国的にはご存知ないかと思いますが、、

1月17日付の埼玉新聞や朝日新聞(埼玉版)は、深谷市畠山の荒川で、首にけがを負っているコハクチョウが見つかったことを報じました。

素人目にもその傷は相当深く、痛々しいですね。やばい感じ・・


健気にも、ほかの白鳥とは離れて元気なくうずくまっていることが多く、餌は浅瀬で休みながら、どうにか食べていたということです。

その後、いったいどうなったでしょう?ジモなんで、見に行きました。
かなり突貫作業でしたが、動画撮影でYoutube用も作りました。ご覧ください。


以下は、普通のブログ記事としてジャーナります!動画以上の情報があるかな・・保障のほどはないですがご覧あれ・・


More・・・2017年も変わらずハクチョウがやってきていました
[PR]
2017年 01月 20日 | |
1月18日(つまり一昨日)、夕方の車の中でNHK-FMをつけたら、ヴァイオリン協奏曲らしい曲が流れ出た。

聴いたことない曲だね~何やら複雑で新しめの時代の曲なんだろう。でも、どこの国の作曲家なのかも推測しかねる・・
なんて思っていると、あれよあれよと盛り上がり、感情わしづかみにされるような激情的なピークを迎えた。
わ!すげー素敵な曲だーー!(泣きそう・・)

あとでわかるが、ちょうどこれは2楽章始まって割とすぐ来るクライマックスの箇所であった。
そして、これが、レスピーギの「グレゴリオ風の協奏曲」という曲で、第1854回N響定期公演の生中継の放送だったということも。(指揮はヘスス・ロペス・コボス)


More・・・こんな曲があるの知らなかったー。感動し
[PR]
2017年 01月 19日 | |
1月17日、新聞各社は、一斉に福島県花塚山からの308kmの富士山遠望撮影に成功した記事を掲載した。
カシミール3Dによるシュミレートでは、北限の可視ポイントとして計算上で以前から指摘されていたが、とうとう実際の撮影で確認された。

なんでも撮影されたのは、11月中のことで、その後、それを田代先生に鑑定に出していたという、その結果をもって今回の報道となったようだ。

それに挑戦されている方々がいることは、かなり以前拙ブログでもコピペしたことがあった。
308kmという距離もすごいが、撮影に成功した3人のうち、斎藤さんは約40回、菅野さんは55回目の登頂での成功だったという。
たいへんなご苦労が実った快挙に、手放しでお祝いを申し上げたい。

今回の快挙はさておいて、今回のマスコミの反応は、やはり対象が「富士山」ということに尽きる思いもした。
以下、少々駄文を当初書いたのだが、新管理画面のエラーか、アップロード失敗で消えてしまった。
ちくしょーー!

今日は、シンプルに「富士山を遠くから眺められるとうれしいね~」ということでいいのだ、ということにしておく。







[PR]
2017年 01月 17日 | |
またも、ブログ記事で書いていた内容を動画でできないかの挑戦企画です。

軽く記事にもしましたが、1月7日の遠望日和の日、伊勢崎市からの上信越国境の山々を動画でも撮影しておりました。
それを編集しましたので、ご笑覧ください。


でも、やっぱ動画に編集する作業って、なかなか時間かかるよなあ~。
その点、ブログで普通にレポした方が機動性はガンダムだ!(意味不明)

動画ならではのメリット等を感じられましたでしょうか?・・ぜひ、ご感想をお知らせください。。

[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon