登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
タグ:ニューカマー ( 3 ) タグの人気記事
| |
|
2017年 09月 09日 | |
c0043361_23492765.jpg
ホソオチョウのページもつくらなきゃな、と思い、説明欄には当然に「要注意外来生物」と載せようと思うわけ。

確認のために、環境省のページをのぞいてみたら、要注意外来生物って概念がなくなってたことを知る。

「要注意外来生物リストは、生態系被害防止外来種リストの作成に伴い平成27年3月に廃止されました。」
知らないうちに「生態系被害防止外来種」というものに変わっていたのだ。
「要注意外来生物リストは、発展的に解消されています」とも。発展的解消ね・・

かなりなじみのあった呼称だったのでびっくらした。もう2年半前に変わっていたんだ・・

しょせん呼び方の問題・・
その存在影響は、どう呼ぼうと同じに違いないはずだけれど、「要注意」って何に注意?という声でもあったんだろうか。


More・・・生態系被害防止外来種とは、「我が国の生態系等の被害を及ぼすおそれのある外来種」という
[PR]
2017年 01月 20日 | |
1月18日(つまり一昨日)、夕方の車の中でNHK-FMをつけたら、ヴァイオリン協奏曲らしい曲が流れ出た。

聴いたことない曲だね~何やら複雑で新しめの時代の曲なんだろう。でも、どこの国の作曲家なのかも推測しかねる・・
なんて思っていると、あれよあれよと盛り上がり、感情わしづかみにされるような激情的なピークを迎えた。
わ!すげー素敵な曲だーー!(泣きそう・・)

あとでわかるが、ちょうどこれは2楽章始まって割とすぐ来るクライマックスの箇所であった。
そして、これが、レスピーギの「グレゴリオ風の協奏曲」という曲で、第1854回N響定期公演の生中継の放送だったということも。(指揮はヘスス・ロペス・コボス)


More・・・こんな曲があるの知らなかったー。感動し
[PR]
2016年 03月 05日 | |
遅々とではありますが、「チョウに会える登山道」を更新、いじってます。

チョウの「科別」のリストページを改訂しました。
要は、テングチョウ科、マダラチョウ科、ジャノメチョウ科をタテハチョウ科へ修正。
1ページにまとめると長大になってしまうので、(1)(2)(3)と従来のページ区分を踏襲。
併せて、亜科・属の区分までは改訂しました。

日本産蝶類和名学名便覧」のページに準拠して作成。
迷蝶もたくさん掲載されているのですが、それらはとりあえず割愛。
ほんとは、チョウの拙画を掲載する更新を目指しているのですが、環境整備で止まってしまいます。

ところで、いつの間に、その3科がタテハチョウ科に属するように変わったのでしょうね・・
研究者の学会には所属してないもので、「フィールドガイド 日本のチョウ」(日本チョウ類保全協会編、2012)が出て初めて知ったのですけど、、
自分の子どものときから連綿とその分類だったものが、ここ10年の間で大きく変わったのは、なんだかなあという気がします。

亜科や属の分類が変わったことで、学名そのものも変わっている種が多数あるのですね。
(全種の改訂までは、チェック修正の対応ができてませんが。)

More・・・短期間での大幅な改訂に「毒」はいてヨカですか?
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon