登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
タグ:建造物 ( 30 ) タグの人気記事
| |
|
2017年 03月 02日 | |
c0043361_23501645.jpg
もう先月のことですが、埼玉県比企郡小川町にある「吉田家住宅」を初めてたずねました。
建築年の明らかなものとしては、という条件付きで埼玉県内最古の民家。重要文化財
しかも「手打ち蕎麦処」もやっているというユニークなところで、遅きに失しましたが初めての突撃


More・・・実はこの訪問レポート、3つの観点で3部作の動画にして
[PR]
2016年 06月 15日 | |
吾妻郡の奥の方へも見に行った。以前アサマと会えた場所だったけれど、まったく気配がなかった。
さすがに早すぎたせいもあるかもしれないけれど、どうも厳しいわな。
c0043361_2293629.jpg
川原湯温泉の熱い湯でシャッキリして帰ろうと、八ッ場ダムの不動大橋を渡って、道案内に従うと、新・川原湯温泉駅の前に来てしまった。

当然だけど、新しくピカピカ。
遠目には見たことがあったが、近づくのは初めて。

オイラ、「鉄分」はほとんどないんだけど、せっかくなので、立ち寄ることにした。
以前撮影した「旧・川原湯温泉駅」と比べてご覧いただくのも一興でしょう。

More・・・この時間は、無人駅状態か・・入場券を買わずともホームに入れた。
[PR]
2015年 09月 05日 | |
c0043361_2311878.jpgあ、前の「七ツ滝」から唐突に山形ロードの拾遺記事になってます。。(^^;;

「六十里越街道」を田麦俣の里に向けて降りていくと、大きな民家が現れた。

見た瞬間にはっとするタダモノではない、茅葺の巨大なもの。

屋根の中央部に、屋根裏からのぞく出窓のようなものがある。

こりゃまた、すごい。

More・・・うねるような屋根の曲面のインパクトはなんだろう
[PR]
2015年 08月 15日 | |
c0043361_6313357.jpg
榛名神社あるき、その3。
今回で榛名神社シリーズも最終回です。

双龍門をくぐって、あと少し階段あります。その先には・・

いよいよ榛名神社の核心部エリアが広がります。

はじめに目に入る建物は・・
国指定重要文化財「榛名神社 神楽殿」

More・・・その名のとおり、神楽の舞台がある
[PR]
2015年 08月 12日 | |
c0043361_20153831.jpg榛名神社あるき、その2。

「萬年泉碑」をすぎると、ほどなく水屋が現れました。

参道は、左に大きく曲がり、長い階段を急な登りになります。

ここで榛名川沿いの渓流から離れていきます。

More・・・手を清めて、いよいよ榛名神社の聖域に
[PR]
2015年 08月 09日 | |
c0043361_21313241.jpg「榛名神社」・・いきつけの床屋から、最近人気らしいんで行ってきたよ~という話を聞きました。

なんでも、最近「パワースポット」として有名になり、若い女性たちも連れ立って集っているんだそう。

入口あたりは行ったことがあると思いますが、どこまで行ったかよく覚えてません。

若いギャルを目当てに、、ではなく、重要文化財などに指定されている建造物も多いようなので、改めて確認に行ってみました。

More・・・さて、混雑を避けるべく、遅めの午後に向かいました。
[PR]
2015年 06月 25日 | |
c0043361_1553911.jpg拾遺記事になります。

和歌山の猫駅長「たま」が亡くなった(2015/06/22)とのニュースが報じられました。

「たま」には会ったことはありませんが、一年前、飯田市南信濃で猫校長「たかね」に会っておりましたので、この機会に記しておきたいと思います。

More・・・廃校になったあとを、地元の方々が保存し活用しているよう
[PR]
2014年 09月 27日 | |
八ッ場ダムに沈むことにより、2014年9月24日をもって、JR川原湯温泉駅が約70年間の業務を終えるという報道が各紙でありました。

私は「テツ」ではありませんので、わざわざ最後のお別れに行くことはありませんが、川原湯温泉・王湯のお別れのときに、この駅もあとわずかでさよならなんだ、と気になり、記録撮影をしておりました。

そのときの画を貼ります。ご覧ください。
c0043361_22334499.jpg


More・・・旧JR川原湯温泉駅
[PR]
2014年 06月 21日 | |
6月21日は、ユネスコの世界遺産委員会が、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録を正式に決めたニュースでわきました。
富岡製糸場ほか、3つの構成遺産で、そのひとつ「田島弥平旧宅」は、群馬県伊勢崎市(旧境町)にありますが、利根川の南側にはりだした、「島村」というわがF市と隣接する地区にあります。
つまり、「うちのまちのすぐ隣に世界遺産ができた」というわけで、これはどんなものか確認せねばなりますまい。
c0043361_0244682.jpg

取材したのは、正式決定に先立つイコモス勧告があったすぐ後、4月末に撮影したものです。
もうすでに、けっこうな観光客が来ていて、驚きました。

More・・・まず、駐車場やガイダンス起点として、利根川堤防近く
[PR]
2013年 08月 25日 | |
c0043361_158363.jpg熊谷市(旧妻沼町)の通称「聖天さま」歓喜院。
聖天堂の彫刻が修復され、そして国宝に指定されたのも、もう昨年(2012.7)のこと。

地元民として、いつかは行ってみたいと思っていたもの。

けっこうな数の観光客が来ていた。

「国宝」の経済効果もなかなかなのだね。
いわんや「世界遺産」は。。各地で登録をほしがる気持もわからんではない。

More・・・奥殿の彫刻の画をごらんください
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon