登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
タグ:硫酸塩泉 ( 37 ) タグの人気記事
| |
|
2015年 11月 08日 | |
c0043361_2213737.jpg榛名山へ紅葉を求めて軽めロード。今季3本目になる。
残念ながら、山腹の色づきもよくなく、湖面ではもう終わりだったが。

久々に「榛名湖温泉ゆうすげ」で汗流し。

この「新館」の方は、湯使いには期待できず、久々の確認となったが、やはりがっかりの湯だった。

平成27年の新しい分析書が掲示してあった。これを撮影できたのが、せめてもの成果。

More・・・続いて、温泉法施行規則表示
[PR]
2015年 04月 28日 | |
戸隠高原から、黒姫を仰ぎながら、信濃町へ抜けてみる。

「道の駅しなの」から妙高山も眼前に。
c0043361_856337.jpg

もうぜんと、この妙高山から湧き出る温泉で汗流しをしたくなった。
中腹の関温泉や燕温泉の名前は聞くが、未湯であったので。

県境を越え、妙高市へ入る。

More・・・赤倉温泉は、かつて団体旅行でにぎわっただろうホテル等多いが、今や全体に
[PR]
2014年 08月 08日 | |
この日の汗流しも、懸案だったセンターを取材に行くことにしました。
吾妻峡温泉「天狗の湯」です。
c0043361_2345430.jpg

仮設浴場のさよなら記事以来になります。
そのとき建設中だったこの新館、できてからも数度横を通過していますが、後回しになっておりました。
仮設浴場での印象深い湯は健在でしょうか?

More・・・そのお湯は
[PR]
2014年 06月 29日 | |
*この施設は、2014年6月30日をもって閉館しました。
===========================

平成26年6月30日をもって、川原湯温泉 王湯共同浴場が閉館となりました。
その直前の最後の週末6月29日、フィールドの汗流しも兼ねて出向きました。
以前から取材していたのに、掲載が今に至り、お別れの記事となってしまったのは残念です。
c0043361_2340298.jpg

川原湯温泉入り口のゲートを何人もファンが撮影していました。

このゲートの上を覆うように見えるのが、八ッ場ダムを左右に横断する連絡道路、、そう、某政権下で、八ッ場ダム中断の折に象徴として放映されまくってたのが工事中のこの橋(ダム本体ではありません)でした。
言うまでもないですが、いよいよ八ッ場ダムにより旧川原湯温泉地区が水没することに伴い閉館されるのです。

More・・・そのお湯は
[PR]
2014年 01月 12日 | |
c0043361_2132277.jpg
県民の森の後は、まだ早めの時間でしたが、寒い思いをしましたので、汗流しに行くことにしました。
やはり当然にお世話になった地元で。
以前に看板を見かけ気になっていた施設、「城の湯温泉センター」に行くことにしました。

More・・・そのお湯は
[PR]
2014年 01月 08日 | |
2014の初湯は、群馬県みなかみ町の「上牧温泉 風和の湯」に行きました。
記憶よりもこじんまりした印象だったですけれど、変わらずお湯はよかったです。
ちなみに、前回記事(2009年)は、コチラ

前回来た際にはなかった(当然)新しい分析書が掲示してあったので、掲載しておきます
c0043361_21554762.jpg


More・・・この湯の特徴として、ナトリウムイオンよりカルシウムイオンが
[PR]
2013年 06月 23日 | |
*この施設は、2013年6月30日をもって閉館しました。
===========================

川原湯温泉 聖天様露天風呂が、6月末をもって閉鎖という情報をいただいたので、突撃してみました。
今までよく場所がわからなくて、行ったことがありませんでした。
川原湯温泉街の中段より下のところに上り口がありました。
c0043361_031416.jpg
閉鎖の案内もありますね。

More・・・階段状の道を登って、途中この柵がありますが
[PR]
2013年 02月 01日 | |
煮川の湯であったまった後は、少々温泉街を散策。
湯畑は、この厳冬期、もうもうと湯煙があがって(特に滝のとこね)いる。
また、あいかわらず多くの観光客でにぎわっているの~。
c0043361_19521028.jpg

「白旗の湯 共同浴場」の前に来る。
湯畑の横にあるここ、一番メジャーだろうけど、実は未湯だったんよね。
のぞいてみるけど毎度激コミのイモ洗い状態でね、げんなりして入ったことなかった。

More・・・そのお湯は
[PR]
2013年 01月 31日 | |
小浅間山から草津に舞い戻った理由、、なんつっても、草津の湯で汗流しせにゃ~!
TST遠望の汗流し(冷えた体のあたため?)は、もちろん草津の湯で。

行ったことのない共同浴場にしたいもの。
大滝乃湯とも近く、同じ源泉であるけれど未湯の「煮川の湯」にまず行こう。
c0043361_23433720.jpg
通りの辻のようなところに、ぽんとある。

More・・・そのお湯は
[PR]
2012年 05月 01日 | |
石川のダンダラにまみえた後の汗流し、できるだけ地元の湯でしたいもの。
というわけで、湯涌温泉に行くことに。地図を見ると、「総湯」というのがあって、共同浴場のようです。
c0043361_23454776.jpg
共同浴場より立派な建物、ちょっとはやいけど、たくさんの鯉のぼりをはためかしていました。

More・・・そのお湯は
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon