登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
タグ:草原のチョウ ( 45 ) タグの人気記事
|
|
2017年 07月 28日 |
今年2017年の関東甲信越梅雨明けは、7/19だったというのに、7月下旬はずーっとぐずついた天気。
「戻り梅雨」というらしい、、
北九州に東北、北陸の豪雨と、何ということ。
太平洋にとどまる台風の影響もあってと思われるが、ひどい夏入り。

閉じこもってばかりいても仕方ないので、気分を切り替えて高原散策ロードすることにした。

はじめに会ったのは、オオチャバネセセリの意外にもメス、、
c0043361_22304987.jpg
羽化してまもないのだと思うけど。
今まで見たことがないと思えるような、美しい翅裏で魅了する美人さんだった(オオチャバネ、見直したわ!笑)


More・・・今シーズンは、時期的にどうなのか?
[PR]
2017年 05月 08日 |
今年のゴールデンウイークは、おおむね天気に恵まれた。
オイラはGW後半にフィールドロードに出た。

始めにむかったのは、チャマダラセセリ生息地。4Kで押さえたいが、会えるだろうか・・

始めの時間帯、これは空振りかという心配もよぎったが、どこからかチラチラと現れてくれた。
撮影チャンスになったのは、ミツバツチグリの花での吸蜜、そして、いきなりのメスの登場
c0043361_23355743.jpg


More・・・これで空ぶりになることは避けられたと、安堵
[PR]
2016年 09月 11日 |
・・ってタイトルは、また「の」を3つも使っちゃってるという、”の”便利多用に陥ってることは否みません☆たにつちです=>あいさつ

つか、Youtubeアップのご案内ばっかになっちゃって、HPおろか、このブログの存在意義もどうなんだと突き立てられるところですが・・
考えます。(それだけか・・)

はい、Youtubeアップのご案内なんですけどね。
クロオオアリがクロシジミに(クロ、クロばっかですいません)異常に構うというシーンでございます。

幼虫に構うのは、クロオオアリの本能としてわかるんですけど、成虫のクロシジミにも執拗な関与があることを観察したので、アップさせてもらった次第であります。

かなりクロシジミはめんどくさそう、というか嫌そうな素振りです。
このときは、日差しもなく肌寒いような感じで、飛んで逃げるかためらっていたのではないかと思われます。

観察+そこから得た所感という構成で、編集に力の入った(?)大作となっております。
後半は、拙い「お遊び」編集もありますので、ご笑覧ください029.gif


[PR]
2016年 08月 08日 |
c0043361_23183026.jpg8月の声を聴けば、気分的には、チョウシーズンももう終盤。
カメラが直ってきたというのに、今年の貴重な残り時間、ロードに出ないのはもったいない。

例年この時期、暑さも最高潮だけに、避暑も兼ねて高いところのチョウへ向かいたくなるところだが、今回、手近な栃木県内をまわるコースを考えた。

栃木県内には、一般的には遭遇困難種である2つのヒカゲチョウ、オオヒカとクロヒカモドの生息地がある。
このヒカゲのくさいところを一気訪問しようという計画である。
ベストなタイミングには遅すぎと承知だが、動画で押さえておきたい。

More・・・考えてみれば、もったいなかった。
[PR]
2016年 07月 28日 |
c0043361_23265442.jpg思えば、最初からケチのついたロードだった。

朝、出発の車に荷物を積み込むとき、雨でぬれたタイルの上でスリップして、コンクリプロックに左のすねを打ち付けてしまう。
フィールド用の厚手作業ズボンの上からだったけれど、擦過傷からは血がにじみ、打ち身でだんだん腫れてきて、今回のロード中、模様眺めすることになった。

出かけて30分ほどのとき、ストレージ代わりのノートPCを積み込むのを忘れていたのに気づいた。これくらいならと、取りに戻って1時間のロス。。

そんなスタートだった。


初日、まずここ!という現地に着いたのは、午後1時も回って。
曇りがちで肌寒いほどだし。

それにしても、何という深山渓谷。ほとんど断崖という深い谷の環境。

More・・・一体この辺りでどこがいいんだ?今日はもう時間も遅
[PR]
2016年 07月 19日 |
c0043361_7142945.jpgちょっと早いが、今年ならもう出ているかも、と草原のチョウロードへ出かける。

フィールドのすぐのところ、かん木に数人のカメラマンが寄ってたかってという状況。
ジョウザンミドリだろうか、西風を撮影しているらしい。
そのグループの中に(やはりw)Banyanさんがいた。フィールドでは実にお久しぶり。

撮っているグループのほかの方は、皆さん知らない人だという。

以前に比べて、チョウ撮りにトライされている方も増えたように思う。
被写体としての、チョウがかなり一般的になってきたということだろうか。

とりあえず、本命のセセリを探す。

二人して、探して、探して、、ようやくみつけた。ちょっと不活発だ。
(→ピントがアウトだけど、、ちなみに、この記事の写真は、全て動画からの切り出しです。)

More・・・とりあえずよかったねと、撮影していると
[PR]
2016年 06月 24日 |
c0043361_07276.jpgロード初日を終え、会津から新潟側へいったん行き、道の駅で車中泊。

翌日は、まず新潟の北部を西風ロードしてみようという計画だ。

関東ではなかなか撮影しにくいものに、ウラクロシジミやウラミスジシジミといったものがある。
が、日本海側ではいるところでは多く観られるらしい・・

何より、このエリアはこの季節にロードしたことがないから、初めての場所散策ということだけでも面白い。

More・・・朝露に濡れる朝のうちは、、なかなかチョウの活動も
[PR]
2016年 06月 22日 |
c0043361_005832.jpg例年なら少々早いと思われるが、今シーズンは早く動いているので、出向く。
RX10M2による動画での撮影が主目的のロード。。

只見では、ヒメシジミが多かった。

目の前でグルグル、オスがまとわって求愛するのを観察、尾をさしこんだら、あっという間に交尾が成立した。

この後、押したり引いたり、まるで綱引きのような行動をするのを動画で撮ることもできた。
何の意味がある行為かわからないけれど、ヒメシジミの交尾シーンでは、内臓が引っ張り出されているようなペアがよくいるが、この行動の結果なのだろうと合点がいった。

More・・・この只見で見られるオスはどれも寒冷地型の
[PR]
2016年 06月 13日 |
c0043361_0243166.jpg自分のまちロードだけでは、精神衛生よろしくないので、翌日は、吾妻地方へブルーロードに出かけた。

メインの目的は、RX10M2の導入によって、アサマシを4K動画で押さえることである。

天気予報では、どんよりなのかと見込まれたが、合間にかなり日差しもでる晴れ勝ちな天気になった。

それにしても、昨年見られたところでも、はじめまったくいる気配がなくて、心配になった。

時間がたって気温が高くなると、姿を見せ始めてくれて、今年もつないでくれたことにほっとする。

More・・・今年は早めとはいえ、
[PR]
2015年 07月 20日 |
c0043361_5483312.jpg今頃になってという感じですが、アサマシジミの各地の変異を確認したいと興味をもった今シーズンでした。

たぶん今期最後のブルーロードでしょう。
最後は、高地型亜種(yarigatakeanus)で〆たいと、高所へ登りました。

出会いは突然。

今回ばかりは空振りかと不安になりましたが、最後に現れてくれました。
もちろん、初めての撮影。

More・・・山歩きと高山植物と出会えるだけでも楽しいと思えば
[PR]
The Original by Sun&Moon