登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by parnassus
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
タグ:高原のチョウ ( 15 ) タグの人気記事
| |
|
2017年 09月 03日 | |
キベリタテハ・・昨年も撮影できなかったし、今年も少ない感じだ、、やばい。
どうしても押さえておかねばという気が強くなって、また初秋の高原へ向かった。

尾根の広場にて、トンボに混じって力強く飛翔する姿あり。
今日は、いた!
今シーズンお初にお目にかかります。
c0043361_21542928.jpg


More・・・たまに巡回して姿を見せるのでとにかく待つ。
[PR]
2017年 08月 24日 | |
まったくなんていう夏!
東京での連続降雨記録が40年前ぶりに、40日以上とか。
うっとうしかった。んで、結局8月のはじめの記事がこれってね、、

ようやく切れて晴れ間に?と急きょ休みとってのロードに。

しかし、初めに向かったところは、日本海側の影響があるところだったからか、やはり大雨。
仕方なく、徐々に南下しながら、この日も結局ほとんどドライブモード。

岩から美味しい水が染み出ているんだろう、アサギマダラが群れ集まっていたところで、ようやく初めての成果
c0043361_23133799.jpg


More・・・このエリアでは、キベリタテハの登場に期待したが
[PR]
2016年 08月 08日 | |
c0043361_23183026.jpg8月の声を聴けば、気分的には、チョウシーズンももう終盤。
カメラが直ってきたというのに、今年の貴重な残り時間、ロードに出ないのはもったいない。

例年この時期、暑さも最高潮だけに、避暑も兼ねて高いところのチョウへ向かいたくなるところだが、今回、手近な栃木県内をまわるコースを考えた。

栃木県内には、一般的には遭遇困難種である2つのヒカゲチョウ、オオヒカとクロヒカモドの生息地がある。
このヒカゲのくさいところを一気訪問しようという計画である。
ベストなタイミングには遅すぎと承知だが、動画で押さえておきたい。

More・・・考えてみれば、もったいなかった。
[PR]
2010年 04月 18日 | |
寒気抜けてのようやくの天気、久々のダンダラ日和であるけれども、あまり遠征できない。
ブログ仲間たちが嵐山町でトラフシジミを撮影し成果をあげている。
嵐山といえば、ほとんど地元ではないか。こういうことはレアケース、それに行ってみることにした。

場所は聞いてないけど、多分行けばわかるんじゃないかな、、(笑
c0043361_0124479.jpg
付近には、ベニシジミくらいしかいない・・

More・・・アセビの樹があるところも
[PR]
2009年 08月 01日 | |
先週に続き、図鑑撮影にトライの一日、ホシチャのメスも現れていることを期待して、これ本命。
また、先週の結果に対して、某プロジェクトの事務局長から、直々に撮り方指南を含め、イメージする画像の連絡をいただいていた。
と、画角に関しては、トリミングして使う撮り方でよいのだった。想像以上に距離を空けて撮影されたサンプル・・そうなら、ピントの合う範囲も広くなろう。また、経験から、F14以上で絞る必要があるだろうとのこと。
チャンスがあれば、その設定での取り直しもしたい・・
c0043361_025952.jpg

いたいた・・ハエと対峙するような静止シーン、、おもしろくね?

More・・・マツムシソウにアカセセリ
[PR]
2009年 07月 25日 | |
図鑑刊行の某プロジェクトに、ほんの少しだけ参加している(ことになってると思う・・汗)
私の分担は、ホシチャバネセセリ。申し訳なくも、骨っぽい相手であることを理由に、これ1種に手をあげてほかの種類は遠慮させてもらった。
早めの時期からと思っていたが、なんだかんだで、そのシーズンになってしまった。
ノルマを果たすべく、群馬県の生息地へ撮影に出向いた。
c0043361_10343851.jpg

草つきには、ヒメシジミ。これはメスだが、まだオスでもきれいなものが多い。
この種だけみると、季節の進みは例年より遅いか?

More・・・天気は曇りで、たまに日がさすこともあるが
[PR]
2009年 07月 11日 | |
今年の梅雨は、ほんとに梅雨らしい天気がキープされてたと思う。
そして、休みと天気が合わず、今年の西風ロードは大幅に出遅れ、というか、ほとんどシーズンも時期的には盛り過ぎになってしまった。

春のダンダラロードで新潟で会ったブナの森、西風シーズンには来てみようと思ったので、そこへロード。まあ例によりバクチである。
昨日の雨が樹にはしずくとなってたくさん残っていた。
c0043361_063362.jpg


More・・・天気も予報より回復が遅いようだ
[PR]
2009年 06月 14日 | |
今年も梅雨いりである。天気は微妙だが、この季節のチョウの種類が増えてくる時期なので、山梨県北部をロードした。
はじめの場所では、雑木林から西風の登場を期待するが、朝もどんより天気で、気温も低いのか、チョウの活動はまったく期待できそうもなかった。
仕方ないので、やむなく釣竿作戦・・ウラナミアカシジミが降りてきた。埼玉でも見られるけれど、やっぱり会えてうれしいな。
c0043361_23315164.jpg


More・・・その次に会えたのは
[PR]
2008年 08月 14日 | |
【訪問日:2008/08/10】
Nature Diary」の虫林さんとの待ち合わせ場所へ向かう・・
しかし、かかる時間の目算を誤った。山梨はそんなに狭くない。
南アルプス天然水や台ケ原宿なんかで遊んでいたのが、裏目に。。またしても虫林さんをお待たせしてしまった。ゴメンなさい。。

本日向かうことにしたのは、富士山麓の高原。昨日に続き、ゴマシジミの翅表のヴァリエーションを撮影したい。
c0043361_23266.jpg
草地に入ると幸先よくすぐに現れた。

More・・・しかし、その後が
[PR]
2008年 08月 09日 | |
c0043361_22413852.jpg

連日うだるような猛暑、夜になっても気温が下がらない日々が続く。
わが屋根裏部屋は、天井から、家具から熱が伝わってくる、、扇風機だけでは乗り切れない日が年に多少はあるものだが、まさにその季節。
夜は湿気そのままに気温が少し下がるから、かえって湿度は高くなって蒸し暑い。

そういうわけで、とにかく、どこか涼しいところへ!
この週末は、避暑&現実逃避と決まった。命がけだ。

しかし、この日、早起きもできなかった。
とっくに日が昇ってからダラダラと起き、ぼんやり頭のまま、ようよう出発。
霧ヶ峰あたりの高原ならこれからでも十分散策できるだろう、そして蓼科あたりで汗を流そう・・と手近のコースで安直にプランニング。

More・・・関越道を快調に飛ばし、
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon