登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
藤子・F・不二雄大全集(7・8月発売の初掲載作品タイトル)
2009年 05月 23日 |
3月に発表のあった、小学館から出版予定の「藤子・F・不二雄大全集」の公式ページができていて、7・8月発売分の6冊の収録タイトルが公開されていた。

「全作品網羅を目指す大全集」、「未収録作品掲載」というこの企画には、期待するものが大きい。

7月、8月発売分では、計20話の「単行本初掲載作品」が初刊行されるということだ。
ドラえもんに多い。

公開されたデータから、以下に「初単行本掲載作品タイトル」を抜き出してみたのでご参考まで。



ドラえもん①
★予告(小四 69年12月号)
★最終回<1>(小四 71年03月号)
★やきゅうそうどう(小二 70年02月号)
★オーケーマイク(小二 70年03月号)
★まんがか
★最終回<2>(小四 72年03月号)
★再開予告(小五 73年03月号)


オバケのQ太郎①<少年サンデー掲載集>
★オバケなんかいるもんか(64年 26号)
★かみなりじいさん(64年 35号)
★名選手(64年 秋号)
★Qちゃんの病気(64年 47号)

パーマン①<少年サンデー掲載集>
*初単行本掲載作品はなし


ドラえもん②
★アタールガン(小一 70年02月号)
★タイムテレビ(小一 70年03月号)
★ペタリぐつとペタリ手ぶくろ(小二 70年04月号)
★ロボットのガチャ子(小二 70年05月号)
★がんじょう(小二 70年12月号)
★たねのない手品(小三 71年05月号)

キテレツ大百科①
*初単行本掲載作品はなし

エスパー魔美①
*初単行本掲載作品はなし

ドラえもん①の二つの「最終回」は、学年誌の年度の終わりの「さよなら話」ものかと思われたが、作品としての質はどうなんだろうか。
掲載号からは、ドラえもんは、当初4年生までの掲載だったものが(それで終わり)、その後、5年生以降の学年にも掲載されるようになった・・と推測されるようだ。

ところで、単行本初掲載というときの単行本は、当然、藤子不二雄ランドを対象にされていることだろう、そうでなきゃ意味ないし。
そして、入手激難の虫コミ版も含めてであると信じよう。だんだんと公開される中で、調べればいずれわかることであろうが。。
となると、なんといってもオバQは、楽しみだね~。

キテレツは、たぶん藤子不二雄ランドには、全作品掲載されてるんだよね。
エスパー魔美には、未掲載作品ってあるのかな、、

う~ん、この全集、初掲載作品のない巻もかなり予想される。
初掲載の巻だけそろえればいいのでは、と自分に言い聞かせる。
が・・全巻揃えておきたい気持ちに抗えないような・・
初掲載データなどの資料的価値からも、注文してしまいそうな予感が・・

発売まで、あと約2か月・・
[PR]
by parnassus | 2009-05-23 23:58 | ビジュアル/アポロンに | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/11602526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon