登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
大塩温泉・共同浴場「大塩温泉館」(源泉:大塩温泉、鹿教湯5号?)
2011年 04月 23日 | |
唐沢集落の後は、松本を抜け三才山トンネルを越えて帰途についた。
汗流しはどこにしようか、順当に別所温泉あたりにでもと思っていたが、人妻K氏は、ブログのネタになる行ったことのないところにいってよいという。
では、と、今まで看板だけ見て素通りしていた大塩温泉を見てみることにした。
大塩温泉といっても、会津のものでない。
丸子温泉郷には、ダントツで知られた鹿教湯温泉と、シブイ霊泉寺温泉、そして、この大塩温泉があるのだ。
c0043361_2241252.jpg

国道254号を、看板から右折し、集落の中の道を登っていく。
入るとすぐに、かつて温泉旅館と思しき建物が数件あるが、もう完全なる廃墟となりならぶ。放置されてからかなりの年数経っているだろう。すごくて、ちょっと写真撮るのもはばかられるようだ。
人妻Kいわく「なんだか、つげ義春の世界だね」・・

道を一番上まで登ると、湯元を掲げる旅館があって、ここは営業しているようだった。
ちょうど主人らしき方が軽トラで帰ってきたので、日帰り入浴が可能か伺った。

中に行かれて戻ってくると、風呂がひとつで、今、湯治客が入浴中のため入れないという。
代わりにと、下の方に共同浴場があるので、と案内された。
客とはなれなかったが、丁寧な対応に感謝である。




c0043361_2254525.jpg

共同浴場は、すぐわかった。「大塩温泉館」という公民館と併設されたちょっとめずらしい共同浴場だ。
c0043361_226266.jpg
料金200円を玄関の料金箱に入れる。無人かな。

脱衣所
c0043361_2275340.jpg

浴室の独占を期待したが、先客がいるようだった。
c0043361_2283323.jpg
小さいコインロッカーあった。初めて見る。せっけん等はなし。
c0043361_229064.jpg

先客は、おしゃべり好きの地元のおじやんだった。
そのおしゃべりにつかまってしまった。
でもとっても良い人、息子さんが被災地へ援助物資もって行かれているという。心配もあるのだろう。
おじやんに快く了解を得て浴室撮影
c0043361_22105990.jpg

タイル貼りで、意外にも新しくとても清潔、地元の方の管理がたいへん行き届いてます。感謝。
c0043361_22165779.jpg
浴槽は2つ。ともに同じ源泉が投入されているが、冷め方の違いで、温度が違う。大きい方はかなりヌルめ。
泡つきがすごい。湯の新鮮さを物語る。田沢並みではないかな。
飲用可とのことでテイスティング。
うっすらと塩味を感じる。まろやかだ、匂い淡いがゆで卵臭。

この泉質は、なんなのか。下に掲載する各表示で、単純泉、塩化物・硫酸塩泉、と異なってる。
湯さわりといい、十分に塩化物泉レベルのものを感じる。

おじやんには、湯のことも色々教えてもらえた。
少し加温しているそうで、オープンは2時からだが、冬はまだ寒いので、2時30分以降がよいとか。

ヌル目なのに、温まり具合はすごい。やはり、源泉パワーはあるのだろう。

ヌル浴槽の投入口で舞い(その1)
c0043361_2240552.jpg

熱め浴槽の投入口で舞い(その2)
c0043361_22402395.jpg

古い温泉分析表掲示
c0043361_2237328.jpg

新しい分析表(しかし、鹿教湯温泉5号泉、、大塩温泉のこと?謎)
c0043361_22371538.jpg

温泉法施行規則表示
c0043361_22373927.jpg

c0043361_22381046.jpg

c0043361_2238244.jpg

これで、丸子温泉郷のすべての湯を味わったことになる。やはり、ここもかなりよい湯のレベルだった。
なにより「渋さ」ではダントツだ。二つの温泉郷にはさまれて、営業的に苦戦している歴史があるのかもしれないが、いつまでも地元に守られていってほしい。

オレ的オススメ度:★★★★

(訪問日:2011/04/17)

案内
営業:14:00-21:00
休館:毎月15日、30日
料金:200円


[PR]
by parnassus | 2011-04-23 17:44 | 温泉で汗でも(長野) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/16208194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 佐久平PAパラダからの北ア展望... ページトップ 石碾きそば水舎 @唐沢そば集落 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon