登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
龍氣・別館 (源泉:六日町温泉第14号井)
2011年 05月 23日 | |
汗流しはどこにしようという話になった。
南魚沼市の上ノ原温泉の山麓にある「龍氣・別館」。「湯治 休憩の宿」の看板を掲げる。
ここは、もしかすると上ノ原温泉源泉の硫黄泉を使用してる宿ではないか?という泉質への期待が大きかった。
c0043361_0153531.jpg

玄関を入ったところが受付で、料金650円を払う。



しかし、結論から言えば、六日町源泉だった。

早い時間だが、泊り客(湯治?)もそれなりにいるらしく、館内着のお客も。
はじめのころなんとか浴場内撮影できた。
c0043361_0175266.jpg

中央に、10畳くらいはあろうか、大きな源泉浴槽。
横に2畳ほどの小さな浴槽もあるが、特別違いがわからない。サウナ用の水風呂だった可能性もある。
あ、サウナ(の部屋)があるも、熱がはいってないし、サウナ営業はやってないよう。
カランは6つ(かな)。

投入口からは、熱いお湯が投入される。

分類としては単純泉だけれど、塩化物泉系の素性に近いと思う。やわらかさと、辛口の両方を持っている。
じんわりと熱めだけれど実に適温。

分析表では、六日町源泉第14号井と表示されていた。混合湯でなく、その源泉の単独使用なのだろうか。
まちなかで感じる六日町温泉とはその違いがあるのかもしれない。成分表の比較検討もあとでしてみよう。

やはり源泉パワーなのか、あったまりはハンパないよね。
汗流しのために入ったのに、浴後には汗が噴き出て、なんのこっちゃ、という感じになってしまった。

温泉分析表
c0043361_024974.jpg

温泉法施行規則表示
c0043361_0242368.jpg


オレ的オキニ度:★★★☆

(訪問日:2011/05/21)

案内
〒949-6637
新潟県南魚沼市上ノ原2310
025-770-2525
料金:650円

公式ページ
http://www.ryuuki.com/annex.html


[PR]
by parnassus | 2011-05-23 23:23 | 温泉で汗でも(新潟) | Trackback | Comments(5) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/16370386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 学さん at 2011-06-18 19:38 x
 たにつちさんは「龍氣・別館」に行かれたのですね。私は深谷市の宿泊補助(一人3千円、六日町に年間3回)を使って、「龍氣・本館」に泊まってきました。
 龍氣には、弱アルカリの温泉の源泉掛け流しの他、塩浴うたた寝の湯、漢方風呂等があり、実質5800円の宿泊です。薬石風呂(岩盤浴)5百円は別途追加ですが、これが良かったです。http://www.ryuuki.com/
 「龍氣・別館」は湯治目的で、この薬石風呂(岩盤浴)がお目当てのようです。

山の家閉鎖に伴う宿泊利用補助制度を創設
http://www.city.fukaya.saitama.jp/simin/syukuhaku_hojyo.html
新潟県南魚沼市旧六日町地区のホテル、旅館等(さいたま市山の家を除く)を利用した場合、大人(中学生以上)1人3,000円、こども(小学生以下)1人1,500円(1泊につき)を年間3泊まで補助します。
申し込みは、必ず六日町観光協会(電話:025-770-1173)へ
宿泊先リスト
http://www.city.fukaya.saitama.jp/simin/pdf/syukuhaku_list.pdf
Commented by 学さん at 2011-06-18 19:39 x
追伸です

 もっと安く泊まるのでしたら、下記の6,800円に泊まり、3千円の補助も可能です。

上越六日町高原ホテル 春の特別宿泊プラン
http://www.muikamachi-resort.com/detail/486.html
期間:2011/4/1~2011/7/22
6,800円はホームページ写真のような料理。
8,800円はタラバガニと新潟和牛鉄板焼きの料理。
Commented by げん@いい湯でしたね at 2011-06-21 00:46 x
本庄ネットの学さん、ありがとうございます。おそくなりましてすいませんです。
本館の方にいかれましたか。なんか高級で敷居が高いのでは、と思ってしまいますね。でも、それほど高くないし、補助金利用もと考えれば、いいですね。秋あたりいいかも。
また、高原ホテルの情報もありがとうございます。これは安く泊まれますねえ。補助ありで、8800のコースも選べますですね。
Commented by ONKEN21 at 2015-06-15 22:36 x
げんさんが訪れてから4年後、学さんや私も含む埼北温泉愛好会の会員6人と龍気別館に訪れました。
げんさんが掲示したのと同じ分析書は今は掲示されておらず、受付にしまってありました。
最初、分析書は今はないと言っていましたが、別の従業員が出てきてありますよ、と出していただきました。
温泉利用状況も掲示がなく、げんさんのページで初めて見ました。
右側大浴槽は皆さん指摘してましたが、強い吸い込みや吹き出しがあり、源泉投入は多めで熱めながら循環併用ですね。
左側小浴槽は循環はなかったですが、投入がチョロチョロでぬるめでした。左側から右側に湯の通り道があり、かけ流しでしょうか。
なお、昔は六日町八海井という源泉を利用していたらしく、硫黄臭が浴室中に充満するレベルみたいだったそうですが、今は硫黄臭は全くありません。
ちょっと南に温泉スタンドがあるのですが、そこも14号井でそこではさすが湧出地で硫黄臭がありますね。
なお、六日町温泉の大部分の宿に給湯する越路荘の共同源泉は昨年まで7号井・12号井・13号井 混合泉でしたが、
昨年10月付の分析書では12号源泉、13号源泉、六日町温泉第14号井の混合泉で、7号井の代わりに温泉スタンド・龍気別館の源泉も送湯され始めたようです。
さらに今年3月~5月くらいには越路荘駐車場で温泉櫓が立ち昨日のオフ会で確認したら無事源泉が湧出したようで既に撤去されてました。この新源泉が15号源泉となって14号の代わりに12・13号井と混合されるのかも知れないですね。
六日町温泉では日帰り不可の金誠館に泊まったのですが、越路荘と同じ12・13・14号井の混合でした。いろいろと発見の多いオフ会でしたよ。
Commented by げん@しばらく六日町もご無沙汰 at 2015-06-16 17:50 x
ONKEN21さん、お久しぶりです!最新情報、ありがとうございます。
そうですか、強い吸い込みありと。。
↑は4年前の記事ですけれども、温泉法施行規則表示のとおり、当時は源泉かけながし様の湯使いであったと思います。
そうでなければ、はっきり書いているはずですから。匂いはほとんどないですが、かなりの高温でした。
経営状況変わったのかな?法定の掲示もしっかりされていないのは、よろしくない状況ですね。
かつての八海井という源泉、それは美味しそうですねえ。名前もけっこうだし、どこかで味わえないものやら。
六日町温泉、どんどん新源泉を掘削しているというのは、湯量が足りないのか、じゃんじゃん利用施設が拡大してるのか。。
温泉資源の保護も心配になりますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 定期演奏会終了 2011/05 ページトップ 2011中越 山菜ロード >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon