登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
深谷市・仙元山からのスカイツリー遠望(71.1km)
2012年 01月 24日 | |
同名の埼玉県小川町にある山(いや、この名の山は全国に相当あるな)ではありません。
埼玉F市の市街地に接する丘のような小さな山です。
「これ古墳なんですか?」とマジ顔で聞かれたことがあるほど、山というには小規模。
二つのピークで形成されていて、曲がったひょうたんのような形。

昨夜かなりの雨が降り、東京ではかなりの降雪だったようですが、その翌日、関東は晴れの予報、これは、遠望条件がよかろうと、少し早起きして、この山へつまり、低地部からのTST遠望ポイントハンティングに行きました。
すでに、観音山からのTSTを確認した日などにも来ていますが、敗退しました。

早朝から、かなりの人が散歩や運動に訪れて、ここがとても地元民に愛されている場所であることを実感。

今回は、カシミールにて、しっかり方向を調べてきました。
その方向が開けるところも前回ロケハンはしています。
おおっ!
c0043361_0274188.jpg
(AM6:42)
木立の合間から、一段階薄い姿ながら、しかし、明らかにTSTという形が目に飛び込んできました。
この瞬間、ちょっとした感動を覚えました。展望ハンティングの醍醐味ですね。



c0043361_028249.jpg
第2展望台までみえています。観音山からよりもずっとよい形で見えるとは意外。

その方向は、観音山がひとつの目印になります。その右手のほう、熊谷(江南地区)ゼリア新薬工場、と江南の清掃センターの煙突にはさまれる位置になって、目印になるでしょう。

最近、遠望趣味が講じて、思い切って、というは半ば衝動でこれGetしました。
c0043361_031239.jpg
シグマ APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM です。

参考に、500mmでの実寸サイズで載せておきましょう。
c0043361_0324565.jpg

このレンズの使用レビュー的参考画像は、また後日に改めてと、

今回のツリー見スポットを解説しておきます。

仙元山からTSTを見通せる場所は、非常にピンポイントでした。
c0043361_033663.jpg

ビッグタートルという体育館の前にデッキがあり、そこから渡り廊下で山に入ると登る階段があります。その途中がポイントです。
c0043361_0335688.jpg

「富士見坂」のように、「ツリー見坂」いや「ツリー見階段」と呼ぶことにしよう。w

山頂からならより楽に見えるはずですが周囲に木立が茂って、ここ以外に見通せる場所を見つけられませんでした。
公園は広々ですが、数メートル下に降りると、もう手前の建物だとかで邪魔されるようになってしまいます。

ランドマークである、太平洋セメントの大煙突も朝焼けバックで、撮ってみました。
c0043361_0345494.jpg
煙突からメラメラと画がゆれてますな。
この後、富士浅間神社のあるメインの(?)方の山にも行ってポイントを探したのですが、やはり木が茂って見られる場所が見つけられませんでした。木を切ってくれれば簡単なことなんですけどね。

(撮影日:2012/01/24)


[PR]
by parnassus | 2012-01-24 23:15 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/17352529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 手打ちそば処 青木屋-Aoki... ページトップ 今頃ですが、ほぼ日「東京スカイ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon