登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
小浅間山からのスカイツリー遠望(136.7km)
2013年 01月 30日 |
草津でさらなる東京スカイツリー(TST)の遠望ポイントを探りたかったところだが、吹雪いてきて退散。。
雪雲もいつ晴れるか埒があかない感じだったから、北軽井沢を抜け、TSTが見えるはずと当たりをつけていた小浅間山へ行ってみることにした。
c0043361_937449.jpg
草津を降りる道から望む浅間山周辺には、明るく日が差している。



またまた田代博氏作成の「TST可視エリアマップ・長野県東部詳細版」から、浅間・軽井沢エリアを抜粋掲載させてもらう。
c0043361_940896.jpg
浅間隠山や鼻曲山から群馬県境に位置する関東平野を囲む最も外側の外輪山のような山々(正しい使い方でない)からTSTをよく展望できることは当然であるが、その上を超えて、浅間山塊や四阿山に「長野県」のTSTポイントが点在することがわかる。
小浅間山は、おそらくその中で、厳冬期でも一番手軽にアプローチできるポイントになるのではないかと思えた。

この山に関しては、遠望の先輩である「軽井沢・レトロの里の風景」のブログ記事でも、楽々でハイクされたということだし。

峰の茶屋、東大火山観測所の脇が登り口。気温はマイナス5度と表示
c0043361_952488.jpg

道には、スキーとスノーシューの足跡のみのようだが・・。
c0043361_9562554.jpg
サラサラの新雪は気持ちよいのだが、最近降ったのがかなり積もっていて、踏み固められてる部分を少しでもそれると、ズボッと潜る。
撮影機材一式を背負って、トレッキングシューズにスパッツ、軽アイゼンという軽装だが、、一歩一歩行くしかない。
c0043361_957441.jpg
林を抜け、小浅間山の山頂を望めるようになってからは、強く風が吹き付けた。
c0043361_9592059.jpg

c0043361_9594389.jpg
稜線に出てからは、さらにすんげえ風。ときに吹き飛ばされそうになるレベル。

振り返ると浅間本山が手に届くよう
c0043361_1005942.jpg

山頂近くは、風で雪はとばされて石が露出、ところどころ凍りついた氷そのものがむき出しに。

ひーこらしながらも1時間少々で山頂到着。駐車場では1台先に止まっていたが、登りは誰とも会わなかった。
山頂標識は、風で倒れたのか、この時期わざと倒してあるのか?
c0043361_1035331.jpg

この状況下で遠望の撮影機材をセットするのも苦労だった。ほんと、すんげえ風だ。
ザックを含め色々なものが風で飛ばされそうになってあわてる。カメラ・レンズが三脚ごと倒れたり。
もちろん寒いね。カメラ操作のために、手袋を外すことが多いのだが、それも厳しい。

TSTはこの方向にあるはずだ。
c0043361_1084750.jpg

参考にカシミールのシミュレート画を重ねると次のようだ。見えるか?
c0043361_109264.jpg


あった!(AM 9:54)
c0043361_1093225.jpg

c0043361_1010328.jpg

距離は136.7km。初めて長野県地籍からのTSTをゲット。今シーズンの成果をひとつ得た思い。
大きさは距離相応、山越しに見るややマニアックな眺めだが、はっきり確認できた。

手前のゴツゴツした山は妙義山、その向こうに空を切り取るスカイラインとなってるのは、いやほどなじみの外秩父山地、東秩父村=皆野町の登谷山~皇鈴山の稜線だった。
左に鎧山の大きな電波塔、なだらかに登って登谷山の送信施設、TSTがあって皇鈴山の送信施設、日頃もっとも手近に眺めている並びを裏返しに見て不思議な気がした。
c0043361_10193995.jpg

右に目を転ずると、ときどき雲の切れ目に垣間見える八ヶ岳山塊も近い。
c0043361_1021073.jpg

浅間の中腹を望遠で切り取ったり・・
c0043361_10213593.jpg

魚眼でも
c0043361_1021554.jpg

それにしても、冬山を甘く見ていた。風にこれだけやられてしまうとは。
体感温度はどんなものだかわからないが、、今まで撮影してきた中でもっとも寒い撮影体験だったと思う。
気づけば、左足の指がしびれて動かせない、冷たさを越して感覚もなくなってる・・凍傷になりかけ?なんて怖くなって、下山することにした。

下りは、森に入ると、うそみたいに穏やかなひだまりハイク。
左足の感覚も戻ってきた。凍傷にはならなかったようで、ほっと安心。
このレベルの冬山だと、さすがにトレッキングシューズじゃ、やばいのかもしれないな。

車に戻ったとき、ザックのポケットに入れていたウーロン茶は、ボトル内で一部シャーベット状に凍っていた。
その後、再び草津へ向かうことにしたが、途中、なんともなかったはずの手もジンジンしてきたり。

ときにTST遠望撮影は、このように体を張ったものになるのだということを付言させてもらいたい(笑)

(撮影日:2013/01/29)

楽々遠望スポット度:★★(冬季は、装備をしっかり。天候状況を見て無理はやめましょう)


[PR]
by parnassus | 2013-01-30 23:02 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/19201433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hornpipe at 2013-01-30 22:27
タイトルから「成功か!?」と思ったのですが、何度読んでも、敗退されたようですね。敗退じゃないか、勇気ある撤退というべきか。日が悪すぎましたね。まだ私にもチャンスがあるということか……(とプレッシャーをかけておこうっと)。
Commented by げん@たぶん、軽装すぎ・・ at 2013-02-03 10:59 x
hornpipeさん、ありがとうございます。
すいません、書き始めだけで保存した(非公開にするの忘れた)記事が、目にふれられてしまったようです。
写真も加え、記事を完成させました。
日は悪かったですが、展望条件はよかったと思います。苦労しましたが、撮れてよかったです~~(泣)
Commented by hornpipe at 2013-02-03 21:29
なんと、成功されたんですね!!!
写真、感動的です。登谷山とか皇鈴山とか、私も何度か歩いた辺りで、感慨ひとしおでした。
長野県(軽井沢)から「東京」が見える……ということにも驚きましたが、でもこれは、碓氷峠の山とか奥秩父あたりからだと見えそうなので(カンです)、やはりスカイツリーが見えたということが大きいですね。
小浅間山頂の標識は、私が登った時にも倒れてました。写真を見ると私の時よりもほとんど雪が飛ばされていて、風の強さが分かります。
Commented by げん@長野から東京をみたり at 2013-02-03 22:23 x
hornpipeさん、重ねてありがとうございます。
「長野県(軽井沢)から東京が見える」・・いいリード・フレーズでございますな。
シュミレート画でわかりますように、東京も北部エリアは直に眺められるようです。
都心の建物は、TSTは別格としましても、サンシャイン60などが見えるようで、実は、遠望1枚目の右手にかわいく写っております(笑

ここからの見え方は、日中どうしてもシルエットになってしまいますが、夕刻の順光で映せたら、別な見え方がすると思います。いつか条件のかなりよい日の午後にもトライしたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
The Original by Sun&Moon