登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
もつ煮屋 日の出食堂-伊勢崎市
2015年 12月 17日 | |
c0043361_23242567.jpg伊勢崎市の工場団地エリアの中にポツンと食堂がある。
ポツンといってもけっこう大きい。

その店名と、いかにも伝統的な食堂然とした外観は、どことなくBスポット的雰囲気も予想させ、かなり気になっていた。

これまで通りがかるのが毎度日曜日で定休日ばかり。

土曜日にその周辺へ出向いた。ようやく店内に入る機会を得た。




c0043361_23295965.jpg
まだ夕方というには早い時間だというのに、車も多く、客もかなり入っている。
食堂で取材したいところだが、時間の都合から、おみやげ用を購入することにした。

入ると正面にレジ。

日本語の達者な、パキスタン的な彫りの深い女性従業員が対応、、
「おみやげ?」
「はい!」
レジの横のコンテナには、ギンギンに冷やしてある、お土産用が積んでいる。
c0043361_23331815.jpg
お土産ねらいの客もかなり多いようだ。

レジの後ろには、想像以上に大きな厨房が広がる。多くの従業員でもつ煮製造にあたっているようだった。

量は、永井食堂のパックより、少し少ないかもしれない。公式ページによると、ひとつ1kgだそうだ。
c0043361_23343919.jpg
薬味である刻みネギの袋入りもくれるところが、いいサービス。
後でわかるが、これが実に美味かった。

夜の酒のお供にレンジでチン。
c0043361_23353993.jpg

そのモツは・・・まず大ぶり。どれもだ。

そして、口に入れるや、とても柔らかい。
コリコリと硬めの部位は使わず、全て幅広の柔らかい部位に限っているよう。

味付けは、白味噌のつゆでさっぱり目のオーソドックス。ショウガも利いてるかもしれん。
浮いてる脂は赤いね。

重ねて言うが、とても柔らかいのだ。
機会あれば食べ比べをしているオイラだが、経験した中では、最もやわらかいもの。
c0043361_2357491.jpg
七味もたくさん入れてみる。

永井食堂を群馬県代表するモツ煮店の片方とするなら、その双璧をなす反対の特徴をもっていると思う。

脂っこくはないけれど、あの脂を煮切ったような永井食堂のモツ煮(そもそも部位が違うのかも?)に比べて、こちらは裏側にテロテロのひだを内包していて、たぶんプリン体たっぷり、健康上はよろしくない美味さ満天のもつ煮ではないかと想像した。

しかし・・体を悪くしても食べたい。その位、美味い!

今度は、ぜひ食堂で食したいものである。

オレ的オキニ度:★★★★

(取材日・情報現在:2015/12/14)

案内
伊勢崎市三室町6212-3
0270-63-0666
営業:9:00~20:00
定休:日曜日

公式ページ



[PR]
by parnassus | 2015-12-17 22:46 | 食(その他) | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/24707836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2015-12-19 21:32
もつ煮はほとんど食べませんが、ピンキリなんですね。
脂っこいのは苦手なので、こちらの方が好みかも~♪
寒い季節に生姜が効いて、
ネギも!!

行く先々で美味しいものも探検って、
憧れちゃいます(*´∇`*)
Commented by parnassus at 2015-12-31 01:06
Sippoさん、ウラシマ状態ですいませんです。
もつ煮、そうですね、私も大人になってからもしばらく、ちょっと気持ち悪い食べ物だなあと、好きではありませんでした。
ややゲテ珍味として口にしてたわけですが、あるとき、お店によってとても幅、個性のあることに気づき、食べ比べが楽しくなったのです。
今も大好物かというと微妙かもしれませんが、まあ好きですよ。
でも、脂っこいのは痛風とか危険らしいですよね。
さっぱり系ならば、群馬もつ煮屋の双璧に挙げた「永井食堂」のを試してみるといいかも。
http://parnassus.exblog.jp/9624945/
少し前に、土曜日に通りがかったら観光客風な客ですごかったですよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 埼玉・栃木・群馬「三県境」の風... ページトップ 新世紀エヴァンゲリオン9巻 綾... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon