登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
霊泉寺温泉 共同浴場(源泉:霊泉寺温泉町有源泉)
2005年 08月 14日 | |
信州遠征2日の汗流しは、霊泉寺温泉「共同浴場」にて入湯。
c0043361_2114056.jpg

鹿教湯温泉と並べて取り扱われる、まあ近場の温泉郷だけれども、完全に別な地区。
今までいつも表示をながめるだけで通過していたので、今回初めて入湯することができた。



1、2軒の宿があるのかと想像していたら、5,6軒以上の宿が連なっていた。しかし、どの宿もかなりの鄙び系の風情、いい味じゃ。
並びの奥の方になんと「共同浴場」まであった。知らなかった。なかなかしっかりした温泉卿である。100円とベラボーに安いし、面白いのでここに決める。
c0043361_2115732.jpg

鉄筋造りのなかなか近代的な共同浴場(笑。
大浴槽ひとつだけ、カラン、5か6のみのシンプルな浴場だが、けっこう広め。
入ったときは、我々のほか、1人だけ。のびのび~。

マンネリの声にも負けず、久々に湯口と足のツーショット!
c0043361_2124610.jpg

アルカリ単純泉。しかし、湯口からは、卵臭のよい匂いの辛口の湯、別所の湯と似ていると思った。投入は、間違いなく新湯の掛け流しであろう。
男女の湯のしきりは、上のスリガラス・・・見えることはないが、ちょっとドキドキ・せくすぃ♪

分析表を撮影しようとして、しまった!と思った、魚眼レンズのしか持ち込んでいなかった。
魚眼撮影の分析表、2枚に分けての掲載!
c0043361_2135666.jpg
c0043361_2141099.jpg

夕方になり、地元のおじちゃんたち中心に混んできて、温泉を後にした。やはり地元密着の共同湯である。

上がってから汗が引かない。むしろ噴出す!入っているときは、それほど熱いと思わなかったが、この効き目はすごいかも。
やはり霊泉の力は、ハンパじゃないのか?分析表を見ると、単純泉でも、ツウ好みの硫酸塩泉系であることがその理由だろうか。
ここは、面白い温泉。「ケチケチ汗流し」ですまそうと思う日にも重宝できそう。

案内
上田市平井
0268-42-1048(観光課)
営業:7:00-21:30
定休:無休
料金:200円


人気ブログランキングへ
[PR]
by parnassus | 2005-08-14 23:30 | 温泉で汗でも(長野) | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/2504871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2005-08-15 22:30
なかなか効き目バツグンの温泉でしたね。
ケチケチでなくても、また行ってみたい気がします。
魚眼は文字の撮影に弱点があったのですね。もっとも、これが魚眼なのだから当然の画像ですね。(^^;
Commented by フロリスト at 2005-08-16 06:32 x
いいじゃな~い♪アル単のホコホコ!^^;鹿教湯地区は湯治中心ですからね、母を療養させる時に候補にした場所ダス^^;。ここはすっ飛ばして石和にしましたケド、入ってくればよかった…。。。
Commented by げん@再訪したい at 2005-08-16 12:32 x
Banyanさん、ここがこれほど強力だったとは、意外な驚きでしたよ。
やっぱり実際によってみないとわからないものですね。
三才山トンネル使用の場合は、これからかなりの頻度で爆撃してしまいそうです。
Commented by げん@シブ湯巡り中 at 2005-08-16 12:42 x
フロリストさん、ここは渋いですけど、いいですじゃ!
お母堂様の療養、少々遠いですが、ここもお試しいただけばよかったですね。
そういう私は、石和が通過するばかりで未湯であります。
石和には、共同湯ってあったっけ?
名前
URL
削除用パスワード
<< 家にヴィオラが来る ページトップ 青の煌きに牽かれて(ミヤマシジ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon