人気ブログランキング |

「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by たにつち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

五十沢温泉 ゆもとかん(源泉:五十沢温泉1号泉)

五十沢と書いて、「いかざわ」と読みます。
新潟県は南魚沼市、市街から三国川ダムに向かっう魚野川わたってじきの五十沢地区には、「さくり」と「ゆもとかん」があります。さくりはもう何年前かになりますが行ったことあるので、今回、初めてゆもとかんへ。
c0043361_2140215.jpg




受付でお金を払って、浴場の場所がよくわからないので、どこですか、と聞くと、露天大浴場は右に廊下沿いに進んだところ、男女別は突き当りを左へ、、と案内されました。
男女別は左?
とりあえず、メインらしい露天大浴場へ。
c0043361_2144825.jpg

脱衣所からしてなかなか混んでます。
と、ここは混浴風呂であるということがわかってきました。
そのためか、撮影禁止や、ジロジロみない(実際の表現とは違います)などの注意事項が。
そういえば、ここの名前は混浴風呂として有名だったかも。
というわけで、言いつけを守るヨイ子としては、まったく撮影もできず、言葉だけで説明。。は難しいので、パンフHPから写真をお借りすることにしましょう。
まず、入ると、内湯の岩風呂・・大きいです。出たところに洗い場のカランが4,5人分あるのですが。
c0043361_21542674.jpg
風呂の中央あたりまで岩で仕切られていて、向こう側が女湯のようです。この写真は、女湯側からの視点。
まずはここでじっくり、、透明な湯。成分的には、単純泉ながら、硫黄の薫りがして、そのせいか温まりやすい。いいです。
ここから大露天に出るのは、突き当りの窓みたいな入り口を越えて外にでるという構造なのですが、そこまで進むと仕切りの岩の先なので、振り返るとむと女湯側も見通せてしまうもので、ドキドキしましたダス。
その辺に近いポジションに居座っている兄ちゃんがいて、なんかヤナ感じ。
さすがにこんな風呂に昼から入ってくる女性はいないようでした。
そんなで、露天風呂へ。再び、パンフHPの画像から。
c0043361_2203871.jpg
打たせ湯と兼ねた投入口から、新湯が投入されてのかけ流しでしょう、枡が置いてあって呑んでもよいようでうれしいです。熱くて実に美味い。
湯は吹く風にさまされ、ちょうどよい湯加減。
気になるのは、露天でも客の雰囲気・・普段感じる客層とちょっとかはっきりか違うんだよね。
ダラダラ長居してるような感じで、温泉好きとは違うような・・考えすぎか・・?
まあいい。

十分楽しんで内湯へ戻るときでした。、、露天からの入り口を入ったときです。
なんと、女湯のカランのとこに女性客がいたのです。
二人で、しかも一人は若い女性だったよう、、一瞬白い背中が見えて、大慌てで男湯側へ逃げました。
私はかなりの近眼なので、はっきりと確認できなかったのですが、(まあ残念ですが・・)
しかし、もっとびっくりしたのは、その状況になってか、内湯の境の切れるポジションに張り付く男が数人に増えていた(のだろう)こと。
目的はやはり温泉ではなく「女のハダカ」という客が多く紛れ込んでいたのだということに、へきえきする気がしました。
どういう神経をしてるのか、ハジ知らずな、、混浴だから悪くないんだとばかりに、堂々とコトに及ばれては気分も悪くなるもんです。

もう、混浴風呂は上がって、男女別内湯へ入ってみることにしました。
うってかわって、こちらはガラ空き(笑
かなり新しく最近作った新館という感じ。男女分けてくれというニーズからでしょうね。
c0043361_2220338.jpg
一人の先客と入れ替わりに、私の独占状態となりましたので、心置きなく舞うことにしました。
投入口はエビス様
c0043361_2222676.jpg

きれいすぎて野趣はないものの、泉質は変わらないし、面白くない思いするくらいなら、こちらで十分。
「混浴風呂を目の前に、どういうもんだか悩みごろの舞」
c0043361_22264879.jpg

温泉分析表
c0043361_22272739.jpg

*温泉法施行規則表示は、みつかりませんでした。が、加温、循環、消毒なしのかけ流しでしょう。


帰り際に混浴の方の脱衣所にある温泉分析掲示も撮影しようと思ってのぞいたら、芋の子洗うに近いほど混雑していました。それ見て、撮影もする気もうせてしまいました。
なぜに、こっちばかりなんだ?

お湯のスペックはたいへんに素晴らしいのですが、混浴という数少ないシーンの現出、その場面でどう身をこなすのかは、日本人のモラルはいかに?という、深遠なテーマを考えさせてしまう、少々めんどくさい温泉でありました。

(訪問日:2008/04/20)

オレ的オススメ度:★★★☆☆
c0043361_22413964.jpg


案内
〒949-6775
南魚沼市(旧六日町)宮17-4
025-774-2876
営業:10:00-20:00
定休:なし
料金:500円
公式ページ
人気ブログランキングへ


トラックバックURL : https://parnassus.exblog.jp/tb/9687549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from くちこみブログ集(国内旅.. at 2009-02-11 09:32
タイトル : くちこみブログ集(国内旅行): 六日町温泉郷 by Go..
「六日町温泉郷」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。... more
Commented by ものず菌@e at 2008-09-12 00:32 x
ここはさいたま市山の家にも近いので 何回か行きましたよ
確かにいいお湯ですね♪ 好きな所でありました

そんな輩がいましたか
でも今のご時世だか どこにでもいますよね
あきれる事多いけど
それで温泉の評価を変えるのもどうかと・・。

でもモラルの番人としてこれからも取り締まってくださいね(汗
Commented by げん@モラルから遠い人 at 2008-09-12 12:53 x
ものず菌@eどの、魚野川沿いのトンネルが開通して、S市山の家から近くなりましたよね、ここ。すでに何回か突撃済みでしたか。。さすがです。
>それで温泉の評価を変えるのもどうかと・・。
なるほど、温泉自体に罪はないですもんね。当方の評価って、料金だったりロケーションだったりでそれ以外で総合して判定してるようですね。(人事・・笑)
モラルの番人にはなれませんし、気も弱いので、こういう場で訴えてまいりますデス。
Commented by nobara at 2008-09-12 13:41 x
まったく、しょうがないなあ〜
「秘すれば花」っていうじゃないですか、、
趣のない人は女性にもてないんですよー

その点さすがわれらが隊長、
ひとり内湯で舞ってらっしゃるなんて奥ゆかしいっっ!

>まあ残念ですが・・

ん?これはなにこれはなにこれはなあに??
Commented by ゆみ at 2008-09-12 14:46 x
うわーー、たにつち隊長さすがですっ!
煩悩に打ち勝とうとしているお姿は涙を誘いますわ・・・・(~_~;)

でも、このシチュエーション、妄想を膨らませると恐ろしいです。
だって女2人でショ??男性が何人もいたら、かなり危険じゃありません??世の中にはそういう輩もいるのですもの。(怖!)
ダメダメ~~、混浴に入るなら集団で入るべし!(女性は。)
(nさんとかhさんとかfさんとかyさんとかが集団でお湯に浸かっている図を想像しちゃった・・きゃぁ(*^_^*))
・・・なぬ!yさんの単体だったら誰も近寄らないって?ソリャソウダ(~_~;)
Commented by げん@よく見えてまっせ~ん at 2008-09-12 22:01 x
nobaraさん、こういう記事もは反応いただけますのん?
風姿花伝・・ありがとうございます。
>趣のない人は女性にもてないんですよー
あはー、こういう人たちは、それを通りすぎて開き直りの境地に至ったのでしょうかね。

>ひとり内湯で舞ってらっしゃるなんて奥ゆかしいっっ!
う~ん、でも趣ありすぎるのも、なんですよー(笑

>ん?これはなにこれはなにこれはなあに??
なはは・・(^^;)
それはなんだろなんだろな~んじゃろ??(爆

湯にきらめく細身のお美しい背中が、一瞬見えて、私のスーパーコンピューターは10ナノ秒で、かなりお若い方しかもおキレイな方のようだとはじき出したんですよね。
そのデータは、あくまで強度近眼によるかなり遠くからの目撃ですが、、
Commented by げん@闘ったけども? at 2008-09-12 22:02 x
>煩悩に打ち勝とうとしているお姿は涙を誘いますわ
ありゃ、頑張ってたのわかっちゃいました?
うーん、勝とうとしても、、勝てたのかな~~(^^;

>男性が何人もいたら、かなり危険じゃありません??
いや、案外そういう危険というのではないものですよ。
どだいそんな男気のある奴らとは思えない。。なんとも薄気味悪いような、キモ不愉快な感じなわけです。

>(nさんとかhさんとかfさんとかyさんとかが集団でお湯に浸かっている図を想像しちゃった・・
いちおう、むっふ~♪(*^_^*)と申し上げておきましょうネ☆

>・・・なぬ!yさんの単体だったら誰も近寄らないって?ソリャソウダ
素晴らしいノリツッコミも絶好調ですね~~(~_~;)
名前
URL
削除用パスワード
by parnassus | 2008-09-11 22:43 | 温泉で汗でも(新潟) | Trackback(1) | Comments(6)