登山道の管理日記
parnassus.exblog.jp
Top
カテゴリ:温泉で汗でも(山形)( 14 )
|
|
2005年 05月 05日 |
みちのくブラリひとり旅も時間がなくなってきたが、蔵王周辺で日々を過ごしながらやはり「蔵王温泉」に入らにゃ後悔するでしょ!ということで、最後に蔵王温泉へ向かうことに。
c0043361_11154143.jpg

選んだのは、王道中の王道「大露天風呂」。もう5-6何年以上ぶりだろう、2回目の入湯。すごい目にしみる、とにかくすごい湯だった覚えはあるが、今ほど温泉を意識していないころ。どんな湯であったか、再対面が楽しみ。

more・・・そのお湯は
[PR]
2005年 05月 05日 |
今日は、何と言っても「大石田町」にてヒメギフチョウ撮影でお世話になった。その御礼の気持ちを顕わしたい、と汗流しに大石田温泉「あったまりランド深堀」へ取って返して入湯した。
c0043361_22502326.jpg


more・・・設備は、内湯の大風呂に
[PR]
2005年 05月 04日 |
経塚山を下りると、そこは上山温泉郷。ここで汗流しを、と何軒か周ったが、どこも旅館の浴場でGWのため日帰りはご遠慮を、と断られてしまう。
結局、山形市内まで戻り、地図で見つけたマイナーそうな温泉旅館を突撃してみる。それがこの山形温泉「蔵王荘」だった。
ごく町なかの一本裏通りにあり、GWにもかかわらず、たいした宿泊客はなさそうであった。(爆
c0043361_22241311.jpg

「山形温泉」と山形を代表するかの名称を持つこの湯がどのようなものか、という興味もあった。
「よっしゃ、ここで」と決めたことが、予想外の出会いを生む。

そのお湯は
[PR]
2005年 05月 03日 |
もし無事に「みちのく姫」をクリアできたら、明日は日本海側へ出て、山形のギフチョウを探すもくろみだった。しかし、これでは明日も「みちのく姫」にトライするしかない。
そこで、山形にいる古い友人Tに、どこかで飲む時間はないかと連絡をとる。GWにもかかわらず家にいて、急な連絡にもかかわらず、その友人は家に泊まっていけ、という。申し訳なくもお言葉に甘えることに。

到着すると、近くの日帰り温泉に行こう、という話があり、1も2にもなく賛成し、友人家族みんなで向かう。それが、山形うわの温泉「天神の湯」だった。
c0043361_11383624.jpg


そのお湯は
[PR]
The Original by Sun&Moon