「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!


by たにつち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:写真(山・花)( 251 )

三峰の丘@北杜市 2014

この日、国道141号を野辺山から須玉に向けての下り、清里を過ぎたあたりから富士が見えだしました。
今まで、清里から下の八ヶ岳山麓から富士を望めることを意識したことはほとんどなかったのです。考えてみれば見えて当然なのに。
繰り返し通っているはずのこの道ですが、季節は春・夏のためいつも霞んでいたのかもしれないです。
野辺山からは北岳や甲斐駒はとても明瞭。

そんなことがあったからか「三峰の丘」のことを思い出しました。いつか確認したいと思いながらまだでした。
遠望条件はさておき、今日などに向かってみるのは適当でしょう。
c0043361_2149451.jpg

丘という名前のイメージと異なり、デッキと駐車スペース、展望案内図を設置してある道路沿いのスペースでした。
さて問題です。その「三峰」とは、どういう意味かご存知でしょうか?

More・・・その答えは、、
[PR]
by parnassus | 2014-04-17 17:27 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0)
春のチョウも本格的になり、それも気になる週末だけれど、まず、今までいきそびれていた山梨の有名な桜に今年こそはと会いに行くことにした。
オイラのところから北杜市へは、雁坂トンネルルートよりも、上信越、佐久~141号で南下のほうが早くつけるだろう。八ヶ岳の懐の高原ルートもキモチいいしね。
c0043361_183668.jpg
(クリックして拡大)
上信越道、トンネルをぬけ長野県側の佐久平が広がると、遠く屏風のように北アが全部見えていた。
春ゆえにくっきりではないけれど、白馬三山さらにその北まで見えている。
先を急ぎたいところだが、これは撮っておかないわけにいかない。。

More・・・ここからのパノラマは
[PR]
by parnassus | 2014-04-12 17:11 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(4)
2月23日は「富士山の日」
それを最初に宣言したのは旧Niftyフォーラムの「山の展望と地図のフォーラム」だそうで。。。

c0043361_13511020.jpg

今年もその日に合わせて、会員の撮影による「バーチャル写真展」が公開されています。

2014「富士山の日」バーチャル写真展
http://yamao.lolipop.jp/fyamap/223/fujisannohi2014.htm

今回、オイラも末席から拙い富士撮影画を投稿したところ、掲載いただきました。
公開期間は限定のようです。今のうちにご覧ください。
[PR]
by parnassus | 2014-02-23 21:13 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(4)
房総ロード初日の最後には、九十九里浜エリアの、蓮沼海浜公園まで行った。
知らなかったけれど、立派な展望塔があるのだ。
c0043361_040196.jpg

しかし、残念!4時で、展望塔のシャッターが閉められるのだ、、

More・・・ちょうど係員の方が閉める作業のタイミング
[PR]
by parnassus | 2014-01-20 23:30 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0)
年末の房総ロードの拾遺記事に戻ります。

東京から東京湾を超えて南の方角を展望したとき、初めて本格的な山らしい盛り上がりとして見えるのが、鹿野山~鬼泪山の稜線でしょう。西房総の丘陵から、一気に300mを超える山塊が立ち上がります。

この山から逆に東京を眺めると、東京湾や横浜から京葉の全部街並みを何の邪魔なく見下ろすことができるわけで、「南の関八州見晴台」とでも呼びたいくらいの条件の良い場所にあります。
そこには、超メジャー観光地であるマザー牧場が整備され、多くの観光客を集めていますが、都心からのアクセスもさることながら、この特筆の「眺め」を目的にここに造ったとしか(オイラには)思えません。

房総ロード初日の最後のTST遠望には、ここからの確認にこにやってきました。
c0043361_2385019.jpg

西方向、富士山には、まだ雲が少しかかっていましたが、その右手には南アから丹沢の山々が明瞭なパノラマを見せていました。
中央の右の白いのは「東京湾観音」です。

More・・・やはりここからも東京湾の見え方で方向感覚が狂
[PR]
by parnassus | 2014-01-13 16:27 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0)
年末は、比較的よい天気が続くよう、、その中でも30日は一番よさそうな独自予報でフィールドしました。
新兵器での撮り直しでもと、那須高原へ。
でも、予想だにしなかったこと、今年は積雪がとても多かったです。装備もぜんぜん用意してない。
サラサラの新雪が腰まで埋まり、ラッセルしようとしてもとても無理、、昨シーズン何の問題もなかったマウントジーンズ第4駐車場の撮影場所もたどり着けず挫折してしまいました。
この後、車直付けの八幡崎から撮影しましたが、これは「超遠望の東京スカイツリー」のページに載せましたので、ご覧ください。

では、と戻りつつ、向かったのは、高原山中腹、栃木県の県民の森第一展望台でした。
ミツモチという山の中腹というとさらに正確でしょうか
c0043361_23165072.jpg
やはりここも雪がけっこう「。あぶないあぶない、、もう少し多いと来れなかったかも。(車でここまでOK)

More・・・お、真正面に富士が見えてましたヨ。
[PR]
by parnassus | 2014-01-11 21:01 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0)
c0043361_9352641.jpg
せっかくなので、銚子ポートタワーも後学のために訪れました。
天気は冬型がゆるむという状況で、好展望をを期待していたのですが、逆に雲が湧いて悪くなっていきました。
移動性高気圧が覆ってくれるようなないとだめなのでしょうか、、

More・・・ここは、人工物からですが、富士山とそしてTSTの最東端の遠望地点
[PR]
by parnassus | 2014-01-04 20:59 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(2)
地上から最東端の東京スカイツリー(TST)遠望地は、銚子市の愛宕山(73.62m。「地球の丸く見える丘展望館の丘」言ったほうがわかりやすいか)となります。
なお、各方面別の可視エリアについては、田代博氏作成の「スカイツリー完成時(634m)可視マップ」に詳しいです。

当方でも可視マップ詳細を作成してみました。
c0043361_15325250.jpg
山頂部分のみにごく狭くあります。笑っちゃうほどピンスポットの可視エリアです、絶妙!
ただ、このレベルの小さな可視エリアは、現地に行くと目標方向にある建物や山の端の木立程度でも隠れてしまって、現実には見えないということが容易に起こります。
またも田代氏のページ「東端からのシュミュレーション」でこの銚子方面からの見え方が解説されていますが、かなり「微TST」のようです。当然でしょうね。

先ほどの刑部岬からのTST観察例は、かなりの件数がWeb上で見られるのに比べて、愛宕山・地球の丸く見える丘展望館からの実例は、知る限り皆無。
果たして見えるのでしょうか?それを確かめるのが今回のロードの最重要ミッションでした(笑

More・・・展望館は9:00開館ですが、その前に到着
[PR]
by parnassus | 2014-01-03 16:32 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(0)
房総ロード2日目。初めてみる実物の刑部岬は、九十九里浜の平らな広がりから、突然の盛り上がりとなった台地の突端だった。
高い岬に灯台が光るのを見るのは、見慣れぬ風景のせいか、なぜだか感慨がある。
c0043361_1423420.jpg
飯岡刑部岬展望館、その「光と風のデッキ」は終日の利用が可能とのことで、早朝遠望タイム利用にありがたい。

More・・・明け行く空と、刑部岬灯台
[PR]
by parnassus | 2014-01-02 23:31 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(2)
千葉県最高峰の山が南房総市の愛宕山(408m)だという。
たかだが400mの山が最高峰とは、いかに千葉県が平坦かということになるが、千葉の山は、山裾が深く複雑な渓谷になっていることが多く、とても山深く感じるのに意外である。
その愛宕山からの東京スカイツリー可視マップを作成すると、その尾根伝いが可視エリアとなっていることがわかった。
(カシミール3Dで作成)
c0043361_1072255.jpg

千葉県最高峰からのTST遠望となれば、ぜひ押さえておく意義はあるだろう。

More・・・・「酪農のさと」の先で山頂への道を分けるが、それは自衛隊専用道路となって
[PR]
by parnassus | 2013-12-23 20:24 | 写真(山・花) | Trackback | Comments(2)