登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
| |
|
2013年 11月 30日 | |
伊豆半島へ行く機会があった。
南西の方角からの東京スカイツリー(TST)遠望は、神奈川か伊豆からとなるが、100kmを超える「超遠望」となると、伊豆エリアからに限られる。よって、前々から挑戦したいエリアだったが、北埼玉からはなかなかに遠い。
c0043361_044720.jpg

今回、撮影トライしたのは、道の駅 伊東マリンタウンから。
午後4時をまわった夕刻、海抜0mからの海越し、距離は103.4kmと、撮影条件は相当に厳しそうではある。

More南の方角には、大室山ものぞめた。
[PR]
2013年 11月 29日 | |
先日観察にトライした、アイソン彗星。
本日、予定どおり太陽再接近だったが、再接近時に粉々になり、蒸発したとのニュース。

前々からそうなるかもとの予測もあったが、現実となった。

大彗星となる前評判もあったこの彗星、残念ながらそうもならず、太陽接近とともに消滅という儚い結果となった。
12月になっての改めての撮影トライを考えていたが、そのチャンスはなくなってしまった。
残念だが、自然現象ゆえのこれまた貴重な機会であろう。

また、新たな大彗星が発見され、姿を見られることに期待したい。
[PR]
2013年 11月 22日 | |
アイソン彗星がどれなのかわからないまま時間は過ぎ、空はどんどん明るくなってしまった。
彗星撮影はあきらめざるをえない。
代わりに撮影対象となるは、おのずと(笑)、ここからの東京スカイツリー(TST)だ。
ここからはとてもよく見えるだろうことは織り込み済みだけれど、そのうちにと思いつつ、地元すぎて却ってなかなか来なかった。
c0043361_0342849.jpg
(AM 5:38)

More・・・スカイツリーのライトアップは何時で終わるのか知らないが
[PR]
2013年 11月 20日 | |
2013年、アイソン彗星がやってくる報にふれ、今回は絶対に観察トライしようと決める。
事前情報では、11月20日前後の明け方が見ごろとの予想。
あいにく満月前後の時期にかかってしまっているが、星空の観察に条件のよさそうな天気の日を待っていた。
今日こそ絶好のタイミングと考え、秩父山地から南東方面の展望台である登谷山へ向かった。
c0043361_23401244.jpg

試してみて、シャッター速度20秒でのインターバル撮影を行った。

More・・・今日はアイソン彗星は、スピカのちょっと下に位置しているのことだが、、
[PR]
2013年 11月 03日 | |
今年はいつまでの暑さの残る秋だったり、いきなり寒くなったりと、紅葉のタイミングが読めない、、けれど、さすがにそろそろと紅葉狩りにロードすることにした。
当初、群馬県の「照葉峡」あたりへ、ほんと久々に行ってみようと計画していたが、、
ぼんやりしていたら、関越道水上ICで降りそびれた・・・orz

仕方ね~と関越トンネル抜け新潟県へ。

湯沢町の周辺の景色は、こちら側もちょうど紅葉の見ごろというタイミング、、、よかった!
c0043361_043321.jpg

どうしようか、ちゃんといったことのなかった名勝「清津渓」へ向かうことにした。
塩沢~国道353号を十二峠トンネルで十日町へ出る。

More・・・砥沢渓谷を望む353号沿いに何箇所か撮影できそうな
[PR]
2013年 11月 02日 | |
今年も弦楽器フェアの季節になった。
会場の科学技術館、毎年の定点撮影である。
c0043361_2124207.jpg

晴れの特異日であろう11月3日前後の開催だけにいつも晴天だが、今年は珍しくシトシトの日和

More・・・菊田師匠のいる宮地楽器さん、いつも一番奥まった場所にブースを開いているのに、
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon