登山道の管理日記
「パルナッソス山へ」管理人たにつちの日常。温泉は泉質主義でひなびほど良し。蕎麦屋めぐり、日本の美・チョウ・花・山の撮影など。ニッチでディープを心に留めたい。Discover Deep Japan!
by たにつち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Twitter
parnassus.exblog.jp
ブログトップ
タグ:春のチョウ ( 91 ) タグの人気記事
| |
|
2018年 04月 30日 | |
c0043361_23444925.jpg
今年もあっという間にGW突入。。
どこにロードするか迷ったが、やはり今シーズンは、今まで押さえられなかったフィールドに挑戦しよう。

と、GW前半、山形県庄内地方のダンダラにリベンジしようと決める。
(↑車載撮影からの切出し。いつの間にか、温海町は合併して鶴岡市になっていたのだね)

ここは 2011年のシーズンに走りのダンダラを数ショット撮影できたものの、それ以降、何度かリベンジするもことごとく玉砕した場所。
タイミングをつかむのが難しく、ある時は早すぎ、またあるときは、遅すぎたり。


More・・・里ではもうサクラは終わりに近かった。
[PR]
2018年 04月 24日 | |
c0043361_22193978.jpg
お約束の定点撮影、、谷川岳、水上ICから。

駆け足の春の進みを目の当たりにして、GWを待たずしてダンダラロードに出る。
ここ2年は、動画撮影のために、確実性の高いところばかり行っていたので、近シーズンは、まだ見ぬフィールドのダンダラくんを巡礼する年にしようと思う。


More・・・今回向かったまだ見ぬ地は、
[PR]
2017年 05月 20日 | |
お久しぶりです。実は、記事にできてませんが、GWにダンダラロード・その2をやってましたので、これ「その3」になります。先に掲載

みなさんこぞってGWから出向かれている白馬ですが、昨年は行ってないです。
一昨年もいったんだっけか?ということで、とにかく久々の白馬詣で。
c0043361_23285560.jpg
今年は遅めの発生タイミングのよう、、とはいえ、さすがにもうね、標高高めの場所へ。
朝から気温が高めか、もうほとんど止まることもなく、シャッターチャンスは厳しい感じ。
どうも白馬のダンダラとは、相性がよろしくないのは、毎度の感じ(泣



More・・・手をこまねいているところ、お一人の同好者がいらっしゃいました
[PR]
2017年 04月 24日 | |
c0043361_07443512.jpg
特定の生態というほどの撮影はできませんでしたので、山野草なども加え、BGM付きのVlog風の動画に編集しましたです。
飛び回っているシーンが大部分ですが、ご笑覧ください。

[PR]
2017年 04月 20日 | |
4/16 天気予報が変わり、週末にようやく晴れが出た。
今年最初のダンダラロード、そして、ギフチョウとしては、初めての4Kでの撮影トライ。
季節の進みが遅めかなと推測される今年。定点観測的、谷川岳の残雪は、まだ明らかに多い。
c0043361_00382763.jpg


More・・・トンネルを抜けると、道路わきや山々の残雪もまだまだ
[PR]
2017年 04月 05日 | |
c0043361_22173396.jpg
だいぶ投稿が空いてしまいました。
週末と天気があわなかったり、時間がとれなかったりで、遠征ロードはできてませんが、近場のミニロードは少ししてました。

昨年4月上旬でもう遅かったホソオチョウの発生状況を確認
県南部では2月中に出ているというので、3月下旬ならもう発生してるでしょ
F市川本地区の発生地は、菜の花がたくさん咲いて鮮やかでした。(3月25日)


More・・・モンシロチョウは複数飛んでいました。
[PR]
2017年 03月 23日 | |
c0043361_23131257.jpg
春~ですね~♪
はい、生態写真の同好諸氏のブログでは、春のチョウの撮影画が続々とアップされている昨今であります。
また出現の早いエリアでは、ギフチョウの初見もされたそうで・・関東もサクラ開花宣言、秒読み状態ですもんね、、

前置きが長くなりましたが、危うく季節の周回遅れになりそうになったので、昨年のロードで会えた宮城の「みちのく姫」の動画をまとめました。
4分もいかない短い動画ですが、ほぼ撮影できた全シーンを惜しみなく出し切ったような内容になっております(それでこの薄さか?
ので、拙いですが、ルードルフィア属のファンの方には観ていただきたいと・・ヨロシコ☆


[PR]
2016年 05月 11日 | |
c0043361_2342393.jpg2016年4月30日初版発行、栗田貞多男編著「ギフチョウの里」が刊行されました。

予約申し込みにより、GW前半の半ばに届いておりました。

読み込んだとまでは行ってませんが、おおむね目を通すことができました。
さすが「ゼフィルスの森」の栗田さんの著作だけあって、読み応えのあるものでした。

More・・・その感想など
[PR]
2016年 05月 02日 | |
c0043361_2392750.jpg今年の地味なテーマである「自分のまちロード」は、もっと何回かやってますが、ここでは2回目かなと思いますので「その2」です。

GW連休の前半2日目、黒いチョウの季節に入りましたので、市内の各地を周ってみることに。

RX10M2の操作感を手になじませたいと、基本これ一つで臨んでみることにしました。
今回は、全て本機で撮ったものを掲載。写り具合の参考にもなれば幸いです。

始めに向かった花園地区・鐘撞堂山では、尾根コースでヤマツツジの最盛期でした。

こんなに咲きそろうんだ!
自分のまちの山と思えないほど、たくさん連なり見事でした(笑

More・・・駐車場すぐわきでは、ツマキチョウが追いかけ
[PR]
2016年 04月 20日 | |
c0043361_057243.jpg
実は、今回のロード直前、SONY DSC-RX10M2 を導入した。

ハイスピード動画では、CASIO機がいぜん512x384pix(240fps時)であるのに対して、1,824x1,026pix(240fps時)と圧倒的な高画質。(撮影時間は2~4秒分だが)
海野先生も昨年度からこのRX10M2でのハイスピード動画を積極的に掲載しているところだし。
スチル20メガ画質で、最高14コマ/秒の連写性能にも期待したい。
また、4K動画に対応していることも、今後のことを考えると、魅力に思えた。

ポチッと注文したやいなや、TEL端600㎜までに大幅パワーアップした後継のRX10M3の発売が報道されたという、見事なオチがついたが・・orz
ま、こちらの発売は5月20日だそうだ、、それを待てないしな。。

とはいえ、初日にはまったく出番がなかった。2日目、実戦使用できるだろうか。

More・・・遠くの山並みに今日の好天を祈る
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original Skin by Sun&Moon